第64回 認知症介護 リスパダール

 リスパダールというのは、認知症の薬ではありません。

 統合失調症の薬で、精神状態を安定させる薬のようです。

 母の自宅での介護ももうそろそろ無理かなと思い始めた2015年3月頃、家族の睡眠を確保するために、リスパダールが母に処方されました。

 「8050問題」(下に注あり)も大きな問題ですが、子育て中に介護を担う「ダブルケア」も問題です。

 子どもたちの生活も考えてやらなくてはなりません。

 2015年3月のメモです。

2015年3月○日

・Oクリニックに相談に行ってきた。

 独り言に加え、カンカンと音を出すようになり、子どもたちを守ってやるには、今後どうしていったらいいかと。

 まずは、夜寝てもらうために、「リスパダールOD錠1㎎」(ODというのは、口腔内崩壊錠。口に入れれば水を飲まなくても溶けていくという薬。

 1㎎の薬しかないが、0.5㎎ということなので、半分に割ってある。)という薬を出してみようと。

 これは、「脳の神経に作用して、興奮、不安、緊張状態などを鎮め、精神状態を安定させる薬」とのこと。

 認知症の適用ではなく、統合失調症の適用らしい。

 これを夕食後に飲ませて、夜安静にしてもらおうと。

 一方、グループホームは空きが出ないとなかなか入れないので、その前に、デイサービスに行って、一日のリズムを作っておきたいと。

 グループホームは認知症の人ばかりだから、周りに迷惑が掛かってということは、そう気にしなくても大丈夫とのこと。

 しかし、O医師は母がデイサービスの「○○○○」に行っていたことや、それを苦にしていた独り言を言っていたことなどは覚えていないようだった。

 「○○○○」がどこにあるかも忘れていた。

 ケアマネのNさんに、グループホームの空きがあったら教えてほしいと伝えておいた方がいいかもしれない。

※ 8050問題(読み方:ハチマルゴーマルもんだい)
ひきこもりの子をもつ家庭が高齢化し、50代の中高年のひきこもりの子を80代の後期高齢者にさしかかった親が面倒見るケースが増えている、という社会問題のこと。(weblio辞書より)

第62回 認知症介護 認知症薬 仏が保険適用除外

 「副作用の割に効果低い」ということで、日本でも使われている認知症の薬がフランスで医療保険の適用対象から外されることになりました。

 2018年6月24日の朝日新聞朝刊で見ました。

 対象はアリセプト、メマリー(いずれも商品名)などの4種類です。

 もちろん、私の母にも処方されましたし、認知症の薬に限らず、認知症を誘発したのではないかと思われる薬についても、このブログの中でたびたび触れてきました。

 以下の記事なども参照してください。

第15回 認知症介護 認知症の薬 アリセプト」
第44回 認知症介護 認知症の薬 メマリー
第46回 認知症介護 抑肝散という薬
第60回 認知症介護 『飲んではいけない認知症の薬』

 朝日新聞の記事では、日本で2015年4月から2016年3月にかけて、処方された抗認知症薬の量は、オーストラリアと比べ、少なくとも5倍多いとのこと。

 「日本では安易に抗認知症薬が使われている印象だ」という専門家の言葉も紹介されています。

 「第60回 認知症介護 『飲んではいけない認知症の薬』」で紹介したNPO法人医薬ビジランスセンター理事長の浜六郎さんの言葉をもう一度紹介しておきます。

 「認知症という診断がなされたら、まずすべきことは、『認知症用の薬剤を服用する』ではなく、『何か薬剤が悪さをしていないか点検する』ことです。そして、あわてて、認知症用の薬剤を服用し始めないことが大切です」

第60回 認知症介護 『飲んではいけない認知症の薬』

 『飲んではいけない認知症の薬』という本を買いました。

 著者はNPO法人医薬ビジランスセンター理事長の浜六郎さんです。

 本屋で「はじめに」を読み、目次を見て、一部立ち読みしましたが、母の認知症介護において思い当たることがいくつも書いてありました。

 浜さんは、本物の認知症を引き起こすことのある薬剤の代表として、コレステロール低下剤、胃酸を抑制するプロトンポンプ阻害剤、骨粗しょう症の薬剤、睡眠剤、安定剤を挙げています。

 すべて母に処方されたことがあります。

 コレステロール低下剤は、長く処方されていましたし、父が亡くなった後、眠れなくなることがあった母には、睡眠剤も出されました。

 睡眠剤が母の認知症を誘発したという印象を私は持っていましたが、睡眠剤以外にも、コレステロール低下剤が脳内でコレステロールの合成を邪魔し、神経細胞を壊して死滅させる毒性があることを、この本の中で知りました。

 浜さんは言います。

 「認知症という診断がなされたら、まずすべきことは、『認知症用の薬剤を服用する』ではなく、『何か薬剤が悪さをしていないか点検する』ことです。そして、あわてて、認知症用の薬剤を服用し始めないことが大切です」と。

 また、「薬剤の効果や害について疑問に思って医師に話しても耳を傾けてくれる医師は少なく、否定されて困惑している家族は大変多いでしょう。専門知識を持った医師に対して、患者や家族が対等に質問したり、相談したりすることはたいへん難しいことです」とも。

 うんうん、とうなずきながら読みました。

 私の場合は、かかりつけの医師に相談して、薬を減らしてもらうこともしましたし、薬が出されるにはそれなりの理由があるとは思うのですが、それでもやはり、薬の悪影響を考えないではいられません。