第94回 認知症介護 独語と帰宅願望

 認知症の母がグループホームに入って1年あまり経った2016年の9月、グループホームから「おたより」が届きました。

 毎月届けられる領収書や請求書と一緒に、日常の様子を伝えてくれるものが入っているのです。

 それには独り言の内容がきつくなってきているとありました。

 母の独り言については、「第58回 認知症介護 夜中の激しい独り言」や「第63回 認知症介護 独り言 家族への影響」などでも触れています。

 元々は穏やかな性格だった母ですが、子どもの頃のつらい経験が思い出されて吐き出されるような独り言を言ったり、不安や恐怖から出てくる激しい独り言を言ったり、そんなことも増えていました。

 グループホームからのおたよりには、具体的なことは書かれていませんでしたが、家にいた時のようなものだと思います。

 帰宅願望については、グループホームに入った頃からずっと継続です。

 当然のことと思います。

 認知症になってもすべてが分からなくなるわけではありません。

 感情もあるし、思考力だって全くなくなるわけではありません。

 住み慣れた家に帰りたいという気持ちは強いはずです。

 2018年12月現在、母の症状は、グループホームに入った頃よりだいぶん進行していて、もう私が息子であることもたぶん分かりません。

 それでも面会に行けば必ずと言っていいほど「おうちに帰りたい」と言います。

 それが私にはつらい。

 2016年9月のメモです。

2016年9月○日

・グループホーム「S」から7月分の領収書や8月分の請求書が届いた。

 同封されている「おたより」の中の「日常のご様子」にこうあった。

 「何が原因になってしまったのかわかりませんが、7月終わり頃から以前に比べると独語の内容がきつくなってきているように感じます。「家に帰りたいよ」と帰宅願望の訴えが時々あります」とあった。

 帰りたいだろうなあ、つらいことだなあ。

第63回 認知症介護 独り言 家族への影響

 母をグループホームに入れることを本格的に考え出したのは、2015年の3月頃からでした。

 次女の夏子が高校2年生になるころです。

 深夜や早朝に激しい独り言を母が言うので、家族の睡眠に影響するようになっていたからです。

 もちろん、次女の受験勉強に影響することも心配しました。

2015年3月○日
・朝5:30、「○○ちゃん(三女秋子の名前)が『ばばあはおるか。男はおるか。』と大きい声で言っているから寝られない。毎晩毎晩おばあちゃんを騙して。○○ちゃんに聞いてきて。とにかく腹が立つわ。」と母が訴えてきた。

 こういう時は顔つきも変わっている。

 当然だが怒った顔つきになっている。

 三女の秋子や次女の夏子への影響を考えると、どこかに収容してもらった方がいいかもしれないと考え始めている。

 3月△日×日は、長女の春子の引っ越しと掃除のために家族で北陸に行ったので、兄に来てもらい母の面倒を見てもらった。

 母の面倒を見る大変さの一端を分かってもらえたようだ。

 数日前に、母の独り言を秋子がメモした。

 「男なんかいないよ。だれがどばあしてるの!ああ○○ちゃんいるよ。うどん食べとったよ、○○ちゃんは。そこへあんぱんいくか!ほんとにさそりますか!弁当箱なんてないよ。○○ちゃんもいないよ。おばあちゃんだけいるでね。何度も何度もだまして!修学旅行に行くか!○○ちゃんがいるよ。男がいるか。男がいるか。テレビつけれないよ。そんな電話は通じないわ!○○ちゃんがいるよ。○○ちゃんがね。男はいないよ。もう帰ったよ。おなかがすいて眠れません!」

 それから、最近はよくゴミ箱やらやかんのふたやらテーブルやら、色々なもので「トン、トン、トントン」または「トン、トン、トントントン」というリズムでたたく音がする。

 夏場になって窓を開けるようになったら、これもうっとうしがられるだろうと思う。

 知的障害のある子がよく同じリズムで同じことを言ったりしているのと同じような感じだ。

 何のリズムかは分からない。

 「第55回 認知症介護 『年より笑うな行く道だもの』」で書いたように、母が風呂場でうんこをしたことも、様々な独り言を言ったことも、決して笑ってはいけないと思っています。

 私自身、「私も将来同じことをするかもしれない」と思っています。

 誰にでも起きうることです。

 反対のことを言うようですが、誰にでもあることと笑い飛ばすくらいの気持ちで対処するという意味では、笑い飛ばすのも悪くないと思います。

第58回 認知症介護 夜中の激しい独り言

 「母親は男を作って家を出て行ってしまった。だからお母さんは、母親代わりとして妹たちの面倒をみることになった。」

 母からこう聞かされたのは、もちろん私が成人してからでした。

 戦争の影響もあり、母はつらい子ども時代を過ごしてきたようでした。

 認知症と診断されて4年程が経ち、母の独り言もだんだん激しくなってきました。

 断片的な記憶が混線しているような感じでした。

 現在のことも、自分が子どもだった頃のことも。

 私にはやはり笑って過ごすことができません。

 どうしても独り言に見え隠れする母の思いを想像せずにはいられないのです。

 特に子供の頃のつらい記憶がよみがえっていることをうかがわせる独り言を聞くと、私もつらくなってしまうのでした。

 2015年2月のメモです。

2015年2月○日

・昨日の昼間も今朝朝方の2時半頃も、おばあちゃんの独り言は結構激しかった。

 昨日は妻が書き取ったものがあるので、それをそのまま記しておく。

 「ばばあはいるか、男はいるか、」とずっと聞こえる。

 怒って答えている。

 「人をだまして ○○ちゃん(三女の名前)もいるよ。大きい車もあるよ、お父さんもいるよ。寝てないよ。10時半で時計が止まってるよ。こんなに明るいのに昼だろうか夜だろうか。もうすぐお昼だよ。お外で子どもが遊んでいるよ。○○ちゃん(三女の名前)もいるよ。お父さんもいるよ。大きい車もあるよ。黒い車もあるよ。今お嫁さんがね、夕飯済んだからもう寝てくださいって。もう寝てるよ。こんなに明るいのにね。みんな寝てるよ。もう昼だよ。男がほしいか。男がほしいか。ようやく静かになったか。おしろい付けて紅つけてどこ行くの。男がほしいか、男がほしいか。バカ。いちばん……(不明)だ、おばあちゃんは。」

 最後の方の「おしろい付けて紅つけて」の辺りは、子どものころの母親に対する気持ちが出てきているのだろうか。

 妻はあまり心配で、ケアマネージャーのNさんに電話したとのこと。