第116回 認知症介護 食事用エプロン

 前回の記事「第115回 認知症介護 グループホームからの便り」に書きましたが、2018年11月、グループホームからのお便りに「食事用エプロンを購入してほしい」とありました。

手づかみで勢いよく食べるので、服を汚してしまうらしいのです。

そこで、すぐに妻と一緒に、食事用エプロンを買いに行こうとしました。

まず、グループホームに行って、どのようなものがいいかを尋ねました。

そうすると、食べこぼしたものを受けるような胸ポケットが付いているのがいいということでした。

すぐに近所のドラッグストアを見て回りました。

介護用品の所などに食事用エプロンはありましたが、どこも胸ポケット付きのものは置いてありませんでした。

その日はとりあえずあきらめました。

近所とはいえないまでも、それほど遠くない場所に介護ショップが2店あるので、翌日そこに行こうとしましたが、その日は日曜日でどちらも定休日でした。

月曜日に、近くの介護ショップに行ってみました。

食事用エプロンは置いてありましたし、ドラッグストアよりは品数も豊富でしたが、それでも胸ポケット付きのものはありませんでした。

結局、その店で取り寄せすることにしました。

注文して2日後には商品が届きました。2つで3690円。

取り寄せの品が届いたと介護ショップから連絡があってすぐに受け取りに行きました。

そして、グループホームに電話して、その足で届けに行きました。

2018年11月のメモです。

2018年11月○日

・○日の土曜日にグループホーム「S」に行って、食事用エプロンはどのようなものがいいかを聞いた。

食べこぼしたものを受けるポケットが胸の所についているものがいいと言われたので、それを買うことにした。

その日さっそく近くのドラッグストア3店を見て回ったが、どこにもそのタイプはなかった。

介護用のエプロンはあるにはあったが、どれも胸の位置にポケットがなかった。

それで翌日の日曜日、近くにある介護ショップに行ってみたが、日曜日は定休日だった。

市内にもう一つ介護ショップがあるのを知っていたので、ネットで調べてみたら、そこも日曜が定休日だったので、月曜日以降に改めて行ってみることにした。

△日の月曜日、近所の介護ショップ「I」に行ってみた。

ドラッグストアよりは何種類かのエプロンが置いてあったが、胸にポケットがあるタイプは置いてなく、取り寄せになるという。

さっそく2つ注文し取り寄せてもらった。

行ったのが夕方4時頃だったので、その日の注文は済んでおり、翌日の注文になるが、数日で届くだろうとのこと。

2日後には「取り寄せの品が届きましたよ」とショップの方から電話があった。

定価からは割引してくれて2つで3690円だった。

介護ショップからすぐにグループホームに電話して、買ったばかりの食事用エプロンを届けた。

その後まだ会議の予定があったので、グループホームのスタッフの方に、エプロンに母の名前を書いてもらうように頼んで、すぐに職場に戻った。