第93回 認知症介護 認知症、前を向くために その1

「認知症、前を向くために」という特集記事が、朝日新聞のオピニオン欄にあります。

今日(2018年12月2日)がその第1回で、「家族の葛藤」がテーマです。

「今まで言いたいことを言って私を傷つけてきた人に、なぜ優しく接しないといけないのか」と嫌いな姑の介護に苦痛を感じている女性の声。

「認知症予防、という言葉に『予防できるはずなのに怠っていたから認知症になったんだ』というとんでもない攻撃が隠れています」と指摘する女性の声。

どちらもよく分かります。

特に「予防できるはずなのに怠っていたから認知症になったんだ」という攻撃が隠れているという指摘には、大いに共感します。

身近な人が認知症になり、その介護を自分で経験してみないと、認知症の人に対して優しくなれない、というのも多くの人の現実なのだと感じます。

自分が痛い目に遭わないと分からない、というのも人間の常ですから。

介護することを「痛い目」などと言ってはいけないですが。

認知症の予防に効果がある習慣は、たしかにいろいろとあるのでしょうし、それを実行して認知症予防に励むのはいいことだと思いますが、誰でも認知症になる可能性はあるはずです。

私も「いつかは自分も認知症になるかもしれない」と思って、介護に向き合ってきました。

予防に努めれば認知症にならないというのは誤解だと思います。

「こうすればこうなる」と考えすぎてはいけないと思います。

最近読んだ内田樹さんの『常識的で何か問題でも?』(朝日新書)のあとがきに心に留まった部分があったので、少し長いですが、引用します。

「入力と出力の間にシンプルな相関関係がある仕組みは『ペニー・ガム・システム』とも呼ばれます。ペニー硬貨を投じると必ずガムが出て来る自動販売機の仕組みです。このシステムを現代人は偏愛しております。特に若い人たちにこの傾向が顕著である。そのことを僕はこれまで何度か指摘してきましたけれど、それはあくまで局所的な傾向に過ぎず、日本社会の隅々にまでこれほど広まっているとは思いませんでした。」

「予防すれば認知症は防げる、それを怠ったから認知症になった」に潜む攻撃性の裏に、「ペニー・ガム・システム」偏向の傾向に通じるものを感じます。

朝日新聞の記事には、このブログの「第11回 認知症介護 どんな本を読んだか」でも触れた『母さん、ごめん』(日経BP社)の松浦晋也さんも写真付きで出ています。

食品を台所いっぱいに散らかして「おなかが減って」と訴えるお母さんに手を上げてしまい、その直後は放心状態で涙があふれた、という松浦さんの経験が書かれています。

「介護の矢面にたたない家族は、介護する人をケアする心配りがほしいと思います」と松浦さんは言います。

これにも同感です。

「認知症の人と家族の会」が定期的に開く「つどい」に参加して、同じ立場の人に悩みや愚痴を打ち明けることの意義も、記事には書かれています。

その東京都支部で司会を務めた斉藤響子さんの言葉にも大いに共感しました。

その部分は、「『こうするべきだ』よりも、目の前の母親が笑っていることが大事だと思えるようになりました」という部分です。

私の母は、最近ほとんど笑顔を見せなくなってしまっています。

食べたものがおいしいとか、家族の話題で笑えるとか、散歩が心地よかったとか、そういうことで少しでも笑顔になれることが大事だと以前から思っています。

それもかなわなくなってくるのですけれど。

「母の首をしめようかと思う」と「つどい」に現れた女性に、「ちょっと笑ってくれることがあったら、その日一日は生きていける。爆笑させられたら1週間、生きていける。その積み重ね」と斉藤さんは話します。

「認知症、前を向くために」は、来週12月9日が第2回。

全部で第4回までの予定のようです。

第85回 認知症介護 認知症フレンドリーイベント

「認知症フレンドリーイベント 誰もが安心して暮らせる社会を目指して」(朝日新聞社主催)が、2018年9月22日に、東京都中央区で開かれました。

 私は地方在住で、残念ながらそのイベントには参加していませんが、10月24日から26日の3回に分けて朝日新聞に掲載された、そのイベントの報告を見ました。

 報告1では、若年性認知症の当事者である福田人志さんが、取材で「トイレの行き方も分からない、ご飯の食べ方も分からない」というような「認知症らしさ」を求められて困惑したことが紹介されていました。

 「認知症の人と家族の会東京都支部代表」を務めた大野教子さんからは、認知症の予防だけを安易に取り上げるテレビ番組が最近は多く、「認知症にはなりたくない」という思いを助長しているのでは、という指摘がありました。

 報告2では、慶応大学医学部精神・神経科学教室教授の三村将さんの、「予防が肝心 食事や睡眠に気を配って」という認知症のリスクを高めるものと予防に効果的なものの話がありました。

 認知機能が低下した人への効果的なケアの技法である「ユマニチュード」の認定インストラクターである盛真知子さんの、ケアが必要な人との具体的な接し方の技術の話がありました。

 「ユマニチュード」については、先日のNHKの「ためしてガッテン」でも紹介されていたように思います。

 報告3では、交通評論家で認知症予防専門士の中村拓司さんと、マツダ・統合制御システム開発本部主査の中島康宏さんが語る、認知症の方と運転の問題についての言及がありました。

 京都府立医科大学大学院教授である成本迅さんの、金融機関を活用した認知症当事者への支援についての話もありました。

 私が母の認知症に気づいた場面の一つも、母が郵便局のATMでまごついていて、局員さんに助けてもらっている場面でした。

 朝日新聞デジタルには、「認知症とともに」という特集記事がありますので、紹介します。

 →「朝日新聞デジタル 認知症とともに

 全文を読むには有料会員になる必要がありますが。

第81回 認知症介護 家族の思い 朝日新聞「声」欄から

 2018年9月21日の朝日新聞「声」欄は「認知症とともに」という特集でした。

 認知症の介護をしている人たちの様々な思いが伝わっています。

 共感したところもたくさんあったので、一部紹介したいと思います。

 87歳で認知症の母と同居しているという自営業の花村隆さん(岐阜県 60)の「同居の家族は落ち着けません」には、「30年前に結婚して家を出た私の妹が、まだ家に帰らないと言って、夜に騒ぎ出すことがあります。『迎えに行かないかん』と言い、無視をしていると怒りだします。」とあります。

 私が認知症の母をグループホームに入れる決断をした大きな理由も、夜に騒いだり大きな音を出したりし始めたことでした。

 同居の家族は落ち着けませんでした。

 子どもの受験などへの影響も心配しました。

 花村さんは「自分が将来、認知症になったら、グループホームに入って、家族とは離れて暮らした方が良いのかなと思っています。」と文章をしめくくっています。

 認知症の介護をしていると、「自分が将来認知症になったら」ということを考えることもきっと多いと思います。

 私もそうでした。

 非常勤国家公務員の田添京子さん(長崎県67)の「寄り添い学ぶことは人間磨き」には、「認知症の人への対応は究極の人間磨きだ。」とあります。

 田添さんは認知症サポートリーダーとして、認知症の予防や介護を一生懸命学んでいらっしゃいます。

 田添さんは「若い頃には想像だにしなかった世界が、自分たちに訪れている、私は、認知症予備軍の気持ちでボランティア活動に参加している。」と文章をしめくくっています。

 「私もいつかは認知症になるかもしれない」、そういう気持ちは、私にも常にあります。

 夫がアルツハイマー型認知症だという主婦の石田晶子さん(埼玉県78)の「夫を迎え入れてくれたご近所」には、「まだ初期だが、同じことを何度も聞きに来たり今までできていたことができなくなったり、これから症状がどう進むのか、不安を抱えた毎日だ」とあります。

 私のこのブログ「介護の誤解 ―ある認知症介護の記録―」も、そうした不安を抱える介護者の気持ちを、少しでも楽にできたらという思いで書いています。

 石田さんは、お住いの団地のボランティアグループが温かく迎えてくれていることへの感謝の思いを書かれています。

 そして「認知症を身近な問題として偏見なく受け入れてくれる社会がもっと広がることを切に願っている」と文章をしめくくっています。