第112回 認知症介護 母の「夢だった」の意味

 「夢だった」と母が言いました。

昨年(2018年)9月に、私が一人でグループホームに面会に行ったときのことです。

母との意思疎通は難しくなっているので、その「夢だった」の意味が分かりません。

会いに行った少し前にうとうとしていて夢を見ていたのかもしれません。

それを「夢だった」と言ったのか。

前後の脈絡はありません。

この1か月ほど後に面会に行ったときに「もう死にたい」と母が言って、ドキッとしたこともありました。

その時は正気で言っていると感じたからです。

それを思うとこの「夢だった」も正気の言葉と思えてくるのです。

「人生を振り返ると夢のようだった」かもしれません。

しかし、このとき私が聞いたのは、「お前に会うのが夢だった」なのです。

それも普通に考えればおかしいのです。

数週間に一度は会いに行っているのですし。

母はもう私のことを息子だと認識していないようです。

このときも「おにいちゃん、おにいちゃん」と呼んでいました。

私は次男ですから、幼いころも母から「おにいちゃん」とは呼ばれていません。

もしかすると兄と見分けがつかなくなっているのかもしれません。

息子としての長男としての「おにいちゃん」ではなく、よその男の子に対しての「おにいちゃん」という感じの呼びかけではありましたが。

本当のところは、単純な意味なのかもしれませんが、あれこれと考えてしまいます。

母がそう感じているかどうかも分からないのですが、言いたいことを伝えられないもどかしさを感じているかもしれない、と考えてしまうのです。

2018年8月の短いメモと9月のメモです。

2018年8月○日

・兄が来ていたので、三女の秋子と私の三人でグループホーム「S」に行ってきた。

今日は母の顔色もよく、機嫌がよさそうなのが何よりよかった。

2018年9月○日

・そろそろグループホームに預けているお小遣いが足りなくなっているのではないかと思い、1万円を持って行った。

やはりマイナス2000円になっていた。

母はそれなりに元気そうだった。

私に向かって何度も「おにいちゃん、おにいちゃん」と呼んでいた。

昨日、N市に行ってきたことなどを話すと、「よかったね」などの受け答えはする。

途中「夢だった」と言うので、「夢を見たの」と尋ねると、「夢だった」と言う。

「お前に会うのが夢だった」とはっきりとした口調で言った。

息子に会いたかったという意味なのだろう、たぶん。

「おにいちゃん」と言っているので、息子というのは分かっていない。

もしかすると、息子とは分かっているけど、どう呼べばいいのかが分からないだけかもしれない。

いやいや、それはないな。

でも次男の私にこれまで「おにいちゃん」と呼んでいたことはないので、息子というのはきっと分かっていない。