第92回 認知症介護 グループホームから外出しうなぎを食べに行った

 認知症の母がグループホームに入って1年を迎えようとする2016年の7月、母とうなぎを食べに行きました。

 以前から家族そろって時々行っていた川沿いのうなぎ屋です。

 「第82回 認知症介護 グループホームから外出し寿司を食べに行った」で、外出して寿司屋に行ったことは書きましたが、今度はうなぎです。

 目の前が清流で知られる大きな川で、子どもたちが小さい頃は、待ち時間や食べ終わった後に川で遊んだ思い出のある、そんな場所です。

 7月ということで、子どもたちも夏休みに入っており、県外の大学に出ている長女を除き、家族みんなで行けました。

 母と妻と次女と三女と私の5人です。

 食べに行く2日前に、グループホーム「S」には、外出届を出しに行きました。

 母がお世話になっているグループホーム「S」は、外出届を出せば、比較的自由に外出や外泊ができてありがたいです。

 こちらからお願いしなくても、時々外食やショッピングにも連れて行ってくれます。

 うなぎを食べに行ったのは、日曜日だったこともあり、大変混んでいました。

 田舎とはいえ人気の名店なのです。

 私たちは大抵うな重を注文しますが、三女は白焼きを注文します。

 初めてその店に行ったときに、白焼きを注文して、それ以来、白焼きが好みなのです。

 タレで食べるうな重ももちろん美味ですが、わさび醤油で食べる白焼きも絶品です。

 開店時刻の11:00に到着するように行きましたが、すでに15組もの行列ができていて、結局2時間待ちで店に入ることができました。

 私たちの次のグループのところで「本日は終了」の看板が出されました。

 開店してわずかに10分後のことです。

 あやうく食べ損ねるところでした。

 母が元気だったころ、「何が食べたい」と聞くと、まず返ってくる答えは「寿司」でした。

 その次が「うなぎ」だったのです。

 どちらも私たちにとっては「たまの贅沢」でした。「一年に一度のごちそう」のようなものです。

 この頃の母は、まだ食欲も旺盛で、うな重を完食して、帰りに寄ったコンビニではプリンも買って食べました。

 2016年7月のメモ二つです。

2016年7月○日

・週に一回のペースで母の面会には行っている。

 明後日、昼に外出して、うなぎ屋にうなぎを食べに行く予定で、外出届を書きに行った。

 書類を書いて、母には「明後日、外でごはんを食べるからね。また来るね」とだけ言って帰ってきた。

 出てくるとき、隣に座っている人と言葉を交わしているのが見えたが、「息子」と答えていた。

 息子だという認識はまだ大丈夫なようだ。

2016年7月△日

・家族4人と母でうなぎを食べにうなぎ屋に行った。

 10:30から外出して13:00にグループホーム「S」に戻る予定だったが、昨日が土用の丑だったこともあり、満員で開店の11:00ちょうどくらいに店に着いたが、その時にはすでに15組が並んでいた。

 いや開店と同時に店に入った人を除いて15組。

 結局2時間待って13:00頃に店に入った。

 17組目のところで「本日は終了」の看板。

 この看板が出されたのは11:10頃だった。

 14:00頃店を出て、帰りにミニストップによって母はプリンを食べて、14:45頃にグループホームに戻った。

 私と三女の秋子でグループホーム「S」の中に連れて行ったが、母は私たちが帰ろうとすると「一緒に行きたい」と言って辛かった。

 「また来るからね」と言ってすぐに帰ってきた。