第106回 認知症介護 報道特集「どう防ぐ? 認知症事故」

 TBSの「報道特集」というテレビ番組で「どう防ぐ? 認知症事故」というテーマでの特集が組まれていました。

一昨日、2019年1月26日のことです。

その中で特に印象的だったのが、福岡県大牟田市の全市を挙げての取り組みと、名古屋市のコンビニチェーンの取り組みです。

大牟田市では、「徘徊SOSネットワーク模擬訓練」というのを大々的に実施しています。

平成16年に一部の校区で始まったものが、その後、全市に広がったようです。

訓練として徘徊の情報を衣服の特徴などと一緒に流し、その衣服の認知症役の方が、市内を歩き回る。情報を受けた人たちが、その特徴の人を見かけたら、「どうされましたか?」などと声をかける。学生や生徒も参加して、慣れない声掛けを一生懸命していました。

大牟田市では、認知症コーディネーターの養成も積極的に実施しているようです。

認知症に対する取り組みの先進地域の一つとして、大牟田市も確実に挙げられますね。

大牟田市の認知症に対する取り組みについては、平成25年11月に大牟田市長寿社会推進課から出された「まちで、みんなで認知症をつつむ ~大牟田市の取り組み~」をご覧ください。

もう一つの名古屋市のコンビニチェーンの取り組みは、認知症の父親を亡くした女性の訴えから実現していった取り組みです。

その女性の父親は、認知症が原因で、外出先から戻って来られないことがたびたびあったそうです。

デイサービスからコートも着ないで出て行ったその父親は、河原で亡くなっているのが見つかったそうですが、その前にコンビニに立ち寄っていたことが分かりました。

「家を探しています。電話番号は分からない」と父親は言ったようですが、レジが混み始めたため、店員もそれ以上の対応はせず、そのうちに父親は店を出て行ったと言います。

「こんなつらい気持ちを他の誰にも味わってほしくない」と、その女性はコンビニ業界団体の日本フランチャイズチェーン協会に「コンビニで認知症患者に対応してほしい」というメールを送り、店員の研修で父の事例を周知するように働きかけました。

それが実を結んだ形です。

番組では、コンビニ店員の研修会で、グループワークをしている様子が、紹介されていました。

この取り組みについては、朝日新聞デジタルにも記事がありました。

朝日新聞デジタルの有料記事ですが、もとの記事はこちら。→「認知症見守り、コンビニ業界が連携 名古屋、系列横断で