第120回 認知症介護 介護職員の異動

 母がお世話になっているグループホーム「S」の管理者が3月末で退職することになりました。

2017年3月に母が転倒して股関節を骨折したときにも、大変お世話になった方です。(「第98回 認知症介護 転倒して股関節の骨折 その1」参照)

母がこのグループホームに入った2015年8月から3年半ほどお世話になりました。

その間、数人の介護職員の方の異動もありました。

母の状態をよく知っている人が異動していくというのは、とても残念です。

しかし、これも仕方のないことなのかもしれません。

介護職員が認知症患者を傷つけてしまうような事件がたびたび起こっていますが、日々認知症患者と接していると、よほど人間ができている人でさえ、いら立ってしまうことがあると思います。

定期的に人を入れ替える必要があるのかもしれません。

この女性管理者のほかにも、3月末にはもう一人男性の介護職員も異動します。

どちらの方もいろいろ話はできますので、うかがったところ、女性管理者の方は、退職して自宅の近くの職場に移るとのこと。

男性の介護職員は、グループホーム「S」の系列の施設への異動とのことでした。

 

2019年3月○日

・「高額医療・高額介護合算療養費等制度の支給申請のお知らせ」が県の後期高齢者医療広域連合から届いた。

手続きには「後期高齢者医療 被保険者証」や「介護保険 被保険者証」などが必要(他に必要なのは振込先の通帳、認印、個人番号の記載のあるもの)で、それらはグループホームに預けてあるので、それを受け取りに行ってきた。

三女の秋子も行くというので一緒に行った。

秋子は母の手に保湿クリームを塗ってあげていた。

秋子が行くのは正月以来だ。

介護職員のIさんから、介護計画書の内容の説明を受けた。

10分から15分程度の結構丁寧な説明だったと思う。

母のような状態の人を風呂に入れるのに適した浴槽が今はないそうで、職員の方は買ってほしいと経営者側にお願いしているものの、「グループホームは、もともとそういうことを想定したものではないので」と実現は難しいようだ。

だから、最近はずっとシャワーのみになっているとのこと。

管理者のIさんが、3月末に退職して、4月から実家の近くの職場に変わるらしいが、介護計画の説明をしてくれた介護職員のIさんも、4月からは別の系列施設に異動らしい。

4月からはKさんという女性がユニットリーダーで、介護計画も作ると聞いた。