第96回 認知症介護 いまさらアリセプト処方?

認知症の母がグループホームに入ったのは2015年8月のことでした。

2012年2月に認知症と診断されて、まもなく認知症薬のアリセプトを飲むことになりました。

2012年3月からアリセプトを飲み始め、別の認知症薬メマリーに移行して、グループホームに入ったときにはリスパダールという薬だけにしていました。

もちろんずっとお世話になってきたO医師と相談しての結果です。

なのに、なのに、なのに、(わざと繰り返しています)、グループホームに入ってから1年以上経った2016年11月に、グループホームの医療を担当している医師から母にアリセプトが処方されたのです。

そんなことってあるのでしょうか。

認知症の薬の使い方について詳しく知っているわけではありませんが、認知症の進行を遅らせる効果しかないという薬の性質上、一度飲んで、別の薬に移行した後、またアリセプトに戻るのは、ありえないのではないかと私は考えたのです。

もしかするとありえるのかもしれませんが。

私はグループホームに入るにあたって、母の認知症のそれまでの経過や生活状況、現在飲んでいる薬、終末期についての要望などを紙に書いて、グループホームの方に提出しました。

グループホームには提出したものの、それが医師にまで伝わっているとは限らないと考え、過去のカルテを確認してもらいたいと担当の医師に手紙を書きました。

その後、特段それについての説明は受けていないので、私は今も状況が分かっているのかと医師を少し疑っています。

実はその担当医師と母がお世話になってきたOクリニックとは近い関係で、カルテを確認することは何でもないはずだと思うからです。

聞きにくいので聞いていませんが、今度グループホームの方に、今飲んでいる薬を確認したいと言ってみようかな、と思っています。

グループホームのスタッフの方々とは関係も良好で、聞けないことはないと思いますので。

2016年11月のメモです。

2016年11月○日

・グループホーム「S」からの「おたより」に、アリセプトが処方されたとあった。

先月の「おたより」に認知症の薬が必要かもしれないと担当の医師が言っていたとあったので、もしかしてカルテを見ていないのかなと思い、アリセプト、メマリー錠など、薬の経過などを少し書いて、Oクリニックにあるカルテを確認してほしい旨の手紙を書いた。

書いたもののその手紙をグループホームに渡しに行くのが遅れた。

それで今日届けてきた。

手紙の内容も責任者のIさんとケアプランを作ったMさんに話してきた。

日常の様子を聞いたり、元々のおばあちゃんの性格や小さいころのつらい経験が激しい独語として表れているかも、ということも話してきた。

 母の様子は、少しぼーっとした顔つきで、息子だという認識も怪しい感じはした。

第62回 認知症介護 認知症薬 仏が保険適用除外

 「副作用の割に効果低い」ということで、日本でも使われている認知症の薬がフランスで医療保険の適用対象から外されることになりました。

 2018年6月24日の朝日新聞朝刊で見ました。

 対象はアリセプト、メマリー(いずれも商品名)などの4種類です。

 もちろん、私の母にも処方されましたし、認知症の薬に限らず、認知症を誘発したのではないかと思われる薬についても、このブログの中でたびたび触れてきました。

 以下の記事なども参照してください。

第15回 認知症介護 認知症の薬 アリセプト」
第44回 認知症介護 認知症の薬 メマリー
第46回 認知症介護 抑肝散という薬
第60回 認知症介護 『飲んではいけない認知症の薬』

 朝日新聞の記事では、日本で2015年4月から2016年3月にかけて、処方された抗認知症薬の量は、オーストラリアと比べ、少なくとも5倍多いとのこと。

 「日本では安易に抗認知症薬が使われている印象だ」という専門家の言葉も紹介されています。

 「第60回 認知症介護 『飲んではいけない認知症の薬』」で紹介したNPO法人医薬ビジランスセンター理事長の浜六郎さんの言葉をもう一度紹介しておきます。

 「認知症という診断がなされたら、まずすべきことは、『認知症用の薬剤を服用する』ではなく、『何か薬剤が悪さをしていないか点検する』ことです。そして、あわてて、認知症用の薬剤を服用し始めないことが大切です」

第45回 認知症介護 メマリー処方後病状悪化の印象

 アリセプトに加えてメマリー錠5㎎が処方されて、母の病状が悪化した印象がありました。

 メマリーの副作用なのかどうかははっきりしませんが、印象としてはそうでした。

 その様子は前回の記事「第44回 認知症介護 認知症の薬 メマリー」で紹介しましたが、それからしばらく続きました。

 2014年6月から7月にかけて、母の介護がもっともしんどくなった頃のことです。前回2番目と書きましたね。

 母を一人で家に残して家族が仕事や学校に行くのが心配になってきていました。

 それでかかりつけのO医師にも相談し、デイサービスに行く日を増やした頃でした。

 母がやかんや鍋を空焚きして焦がしてしまい、これでは火事の心配があると思って、自然に火が消えるコンロに替えたり、火災報知機を数か所設置したりしたのもこの頃だったように思います。

 デイサービスに行って、人と関わることは母にとってプラスになるとも考えられましたが、元々それほど社交的ではない母にとって、ストレスになることも考えられ、私は少し心配していました。

 小さな子どもが学校に行きたくないと泣きわめき、頭が痛い、おなかが痛いと仮病を使っているのに似ているようにも感じました。

 2014年7月のメモです。

2014年7月○日
 ・夜10時頃から11時過ぎにかけて、母は激しく泣きわめいた。

 ヒックヒックというしゃっくりが結構ひどく、2回か3回は足をバタバタさせたりしながら、「痛いよう、痛いよう」とわめいた。

 「救急車は呼ばなくていいからね」を繰り返し、途中からは「警察は呼ばなくていいからね」に変わった。

 トイレと寝室の間の壁にしがみつくようにして、「もう、○○○○(デイサービス)にはずっと行かないからね」「もう○○○○には行かなくていいね」を繰り返し言っていた。

 デイサービスの「○○○○」に行くことが、ストレスになっていることが考えられる。

 毎日行くことにしたときに心配していたことが当たってしまったような形だ。

 「○○○○には行かなくていいよ」「救急車は呼ばないよ」と何度もなだめた。

 「もう寝る」とか「トイレには行っておこうかな」とも言うので、「トイレに行こうか」と声をかけると「行かないよ」とか「動けないよ」と言ってわめく。

 イスをすぐ後ろに置いて、座らせてしばらく放っておいたら徐々に落ち着いた。

 あれが続くようになったら、精神科に入院させざるをえないかなと思った。

 O医師にも聞いてもらえるように、しゃっくりとわめき声をケータイで録音した。