第104回 認知症介護 ベッドで小便

 認知症の母が入っているグループホームからは、月々の領収書や請求書と一緒に「おたより」が送られてきます。

そこには母の日々の様子が書かれています。

母がグループホームに入ったのは2015年の8月でしたから、それから2年と4ヵ月が過ぎたころ、母の症状は少しずつ悪くなっていました。

「機嫌を悪くして物を投げることもある」、「他の入居者とのトラブルもある」そんなことが「おたより」には書いてありました。

人を傷つけたり、建物に損害を与えたりして、賠償や弁償を迫られるようなことになりはしないかと、私は心配しました。

「第99回 認知症介護 認知症、前を向くために その4」で、朝日新聞のオピニオン欄にあった「認知症、前を向くために」という特集記事に触れました。

そこには、認知症の人が起こした事故の被害者と加害者双方を自治体が救済する「神戸モデル」の紹介がありました。

認知症になっても、なるべく心配少なく暮らしていける街づくりも求められますし、そのようにして、認知症になった人が、施設内に閉じ込められるようなことなく暮らしていけたらいいとは思いますが、「認知症、前を向くために」という特集記事のこの時のテーマが「リスクに備える」だったように、リスクに備えることも益々必要になってくることと思います。

2017年12月、この頃の母は、ベッドの上で小便をしてしまうこともあるということで、それに備えての新たなシーツも購入しました。

正確にいうと、グループホームに買ってもらいました。

病院代やちょっとしたお出かけの時に使ってもらう「こづかい」を、普段からグループホームには預けているので、そこからシーツの費用は出しました。

ズボンを濡らしてしまうことも増えたので、着替えのズボンをいくつか用意してほしいとも言われたので、妻と一緒に買いに行き、グループホームに届けました。

2度の股関節の骨折で、車いす生活になったので、行きたいときにすぐにトイレに行けないのですから仕方のないことです。

2017年12月のメモです。

2017年12月○日

・最近のグループホーム「S」からの報告では、母は機嫌が悪いことが多く、物を投げたりすることもあるらしい。

他の入居者とのトラブルもあり、少し距離を置くようにしていると。

夜はあまり眠れないことが多いと。

ベッドの上で小便をしてしまうことも時々あり、少し前にシーツを買ってもらった。替えようのズボンもいくつか買って持って行った。