第19回 認知症介護 日曜日に病院へ

 病院に行くために着替える。

 着替えて新聞を見て日曜日だと気づく。

 日曜日だから病院は休みだと気づく。

 こんなことは、まあ普通の範囲のことです。

 誰にでもある勘違いと言ってもいい程度のことです。

 年を取ってくれば、人の名前が思い出せないとか、お店の名前が思い出せないとか、よくあることです。

 行動を起こしてから、「あれ、何しようとしていたのだっけ?」ということもあります。

 認知症の初期症状と、老化によるものと、なかなか区別はつきません。

 私も50歳を超えて、人の名前やお店の名前がなかなか出てこないことが増えましたし、「あれ、何しようとしていたのだっけ?」も増えました。

 ただ、母の様子を見てきたので、正直怖いのです。

 これは老化のせいだろうか、と考えてしまうのです。

 怖がっても仕方がない、と思っても、やはり怖い。

 そして、また心の中で歌うのです。

 「明るく、明るく、走るのよー」という「東京のバスガール」の一節を。(「第10回 認知症介護 地域包括支援センターで相談」を参照)

2012年4月○日

・夕方、母は出かける格好をして「整形に行くために着替えたけど新聞見たら日曜日だった。

 何やっているのかねえ」と言っていた。

 こうして文字で見るよりは、違和感は少なかったが、あれ、と思った。

 腰が痛いようで、薬局で温湿布を買ってきた。

 整形に行けば湿布を安くもらえると私の妻に言われて整形に行く気になったのかもしれない。

 明日、整形に母と行ってくる。

第18回 認知症介護 認知症の薬 アリセプト5㎎に移行2週間

 薬のおかげでよくなった、という感じがなかなか得られない、それも苦しいところです。

 2014年に薬を変えて、おそらくその副作用で、母の精神状態がとても悪くなった時期がありました(その頃は本当に大変でしたが、それはもう少し先に書きます)。

 そのように悪くなることはあっても、よくて進行を遅らせるだけなのですから。

 私のメモも2012年4月になりました。

 このころから、私の仕事がいつも以上に忙しくなったこともあり、メモの間隔は空き、書く量は少なくなっていきました。

2012年4月○日

・かかりつけのOクリニックに行った。

 アリセプト5㎎に移行して2週間。特に変化は感じない。

 副作用らしきものも特にない。

 腰がまた少し痛くなったようだ。

 薬は朝飲む4種類の薬のみ。今回は4週間分出た。

 粉の胃の薬や寝つきをよくする「デパス」は出なかった。

 「デパス」は最近ほとんど飲んでおらず、3錠が残っている。

 粉の胃の薬も8回分くらい残っている。

 これがなくなるまでは飲み、それで胃の調子が悪くなってきたらまたもらえばいいのだろう。

第17回 認知症介護 認知症の薬 アリセプト 5㎎に移行

 認知症の薬アリセプトを、母が飲みだしてから2週間。薬の量が増えました。

 2012年3月下旬のメモ。

2012年3月○日

・かかりつけのOクリニックに行った。
 アリセプトを服用して2週間。

 少し調子よく見える。

 それは薬の効果なのか、暖かくなってきたからなのかは分からない。

 アリセプト3㎎を2週間飲み、特に副作用は見られなかったので、5㎎に移行した。

 腰の痛みは大分治まってきたようだ。