第119回 認知症介護 グループホームで飲んでいる薬

 母がグループホームに入るにあたって、「薬はなるべく少なく」とお願いしていました。(それ以外にもお願いしたことはありますが、詳しくは「第74回 認知症介護 グループホーム入所にあたってお伝えしたこと」をご覧ください。)

それでも、介護していくにあたって、必要だと判断される薬が増えていくであろうことは予想していました。

しばらくはどんな薬を飲んでいるかを尋ねることもしていなかったので、2019年3月にグループホームに尋ねてみました。

薬は7種類に増えていました。

2015年8月に母がグループホームに入ったときに飲んでいた薬は「リスパダールOD錠1㎎」のみでした。

神経の興奮を抑える漢方薬の「抑肝散」という薬も出ていました。

これは母がグループホームに入る半年ほど前に、かかりつけ医から出ていた薬で、どう飲ませたらいいものかと苦労した薬でした。

不穏状態になってからでは、とても飲ませられないので、予防的に飲ませるしかないなと思った薬です。

そのあたりについては、「第46回 認知症介護 抑肝散という薬」に書いています。

薬が10種類を超えるようなことになってきたら、減らせないか相談したいと考えています。

 

2019年3月○日

・年に4回ほど持参する介護職員の方へのお礼の品を持って、今日は一人で面会に行ってきた。

今回はメリーのミルフィーユを持っていった。

母は顔色もよく、穏やかな表情で元気そうだった。

面会に行く前に、グループホームに電話しておき、今母が飲んでいる薬を書いたメモが頂けないかとお願いしておいた。

ある程度予想していたが、薬は7種類に増えていた。

グループホームに入るときに、薬はなるべく少なくということは伝えてある。

もちろん、必要だと判断されたら、飲ませてくださいとも言ってある。

薬局が出している「今日のおくすり」の3月分をコピーして渡してくれた。

脳と心臓と胃と腸の薬、合計7種類だ。

1つめは、リスペリドンOD錠0.5㎎「サワイ」、これは精神状態を安定させる薬で、1日1回昼食後に。

2つめは、ツムラ54 抑肝散エキス顆粒(医療用)、これは神経の興奮を鎮める薬で、1日3回毎食前に。

3つめは、ペルソムラ錠15㎎、これは寝つきをよくし、睡眠を維持させる薬で、1日1回就寝前に。

4つめは、メマリーOD錠20㎎、これは脳の伝達物質を調整して、精神活動を活発にし、物忘れや症状が進むのを抑制する薬で、1日1回朝食後に。

5つめは、アムロジピンOD錠5㎎「明治」B、これは血管や心筋を収縮させるカルシウムの働きを抑えて、心臓の負担を軽くしたり、血管を拡げたりして血圧を下げる薬で、1日1回朝食後に。

6つめは、ミヤBM錠B、これは腸内細菌のバランスを整え、腸の働きを調整し、下痢や便秘などの症状を改善する薬で、1日3回毎食後に。

7つめは、マグミット錠330㎎B、これは胃酸の働きを抑えたり、便通をよくしたりする薬で、1日3回毎食後に。

これだけの薬を指示通り飲ませるだけでもかなり大変そうだ。

第118回 認知症介護 確定申告の医療費控除

 母のグループホームにかかる費用のほとんどは、確定申告の医療費控除の対象になっていません。

もちろん、月々の薬代や診察代は対象になります。

介護用の紙パンツや尿漏れパッドも、医師の証明書があれば対象になります。

ただ、請求書や領収書が届くのは、2か月遅れくらいですので、12月分の領収書が届くのは2月か3月です。

確定申告の医療費控除は12月分までが対象ですが、医療費控除の計算をしようとした1月の時点では11月分と12月分が分かりません。

ですので、11月分と12月分の紙パンツ代は、グループホームに尋ねなければなりません。

診察代と薬代も尋ねなければならなかったのですが、この時は忘れていて、また後日に尋ねることとなりました。

医療費などについては、一定額を超えた分が戻ってくるような公の制度がありますので、その手続きをきちんとしなくてはいけません。

正直、面倒に感じることもありますけれど。

2019年2月のメモです。

2019年2月○日

・1か月以上面会に行く間隔があいてしまった。

三女の秋子はクラブの試合があり、妻はピアノの調律が来るから掃除しなくてはと、結局私が一人で行った。

確定申告の医療費控除に必要な医療費や薬代の領収書が、11月分と12月分はまだ届いていないのでもらえないかとお願いしたら、用意してもらえたので、それを受け取った。

普通は毎月送られてくる月々の請求書や領収書と一緒に入ってくるのだが、それにしても、2カ月遅れくらいで来るので、こうでもしないと、2か月分の医療費が控除されなくなるのだ。

11月と12月の紙パンツ購入にかかった費用は少し前に聞いていたのに、その時は医療費と薬代の領収書については、思い至ってなかった。

母はあいかわらず「お家に帰りたい」、「腰が痛い」と何度も言っていた。

こちらが話しかけると、オウム返しするようには答えられるので、意味が分かっているのかどうかは分からないが、少なくとも音は聞こえている。

以前から母は耳がいい。

ただ、母から何か言うことも時々あったのだが、そのほとんどは私が聞き取れなくて、聞き返しても分からなかった。

「家に帰りたい」という希望もかなわない。

「腰が痛い」という苦痛も取り除けない。

思いを伝えることもままならない。

母の気持ちを思うと、やはり胸がふさがる。

第117回 認知症介護 グループホームでおせち

今年(2019年)の正月、昨年と同様に、家族そろって母の入所しているグループホームに面会に行きました。

正月は、兄もたいてい帰省しているので、私と妻と長女、次女、三女の総勢6人です。

現在の二世帯住宅を建てた頃は、父もまだ健在でしたので、両親と私たち夫婦、3人の子どもたちの7人で暮らしていましたが、父が亡くなり、母がグループホームに入り、長女と次女が進学で家を出ていき、今は3人で暮らしています。

寂しくなってきました。

正月には妻が結構本格的におせち料理を作るので、グループホームには、そのおせちを少し持っていきました。

少しと言っても、あれも食べさせてあげたい、これも食べさせてあげたい、と思うのでしょう、私から見ると、そんなに食べられないだろう、というくらいの量がタッパーに入っていました。

母が食べたのはほんの二つか三つ、持っていった量の5分の1くらいです。

まあ、それでもいいです。

少しだけでもお正月気分になれたらそれで。

母がグループホームに入る前、母も連れて家族でスーパー銭湯に行ったときにも、上手に母の面倒を見ていた三女の秋子は、母の手をさすったりして、上手に相手をしてくれます。

テレビの介護の特集などで覚えた上手な介護の仕方を実践しています。

2019年正月のメモです。

2019年1月1日(火)

・家族そろって母の面会に行った。

大晦日から来ていた兄も一緒に、総勢6人で行った。

妻はおせちを食べさせてあげたいと、タッパーにおせちを詰めて持っていき、母に食べさせた。

色々食べさせてあげたいという気持ちからだろうが、そんなに食べられないだろうと思うくらいの量だ。

実際食べたのは、それほど多くはない。

レンコンだったか、結構固いものも入っていて、かむのに随分時間がかかっていたのもあった。

三女の秋子はあいかわらず、母の手を取って食べさせたり、母の手をさすったりと、上手に介護していた。