第43回 認知症介護 ショートステイの功罪 その2 

Pocket

 前回の記事「第42回 認知症介護 ショートステイの功罪 その1」では、2014年5月に、母がショートステイを利用したことを紹介しました。

 家族にとっては大変ありがたいショートステイではありますが、認知症患者本人にとってはどうなのかと思ってしまった、というようなことも書きました。

 ショートステイを利用した後、母の状態が明らかに悪くなったからです。

 その後、かかりつけの医師にも診てもらいましたが、その時も母は明らかに元気がなく、医師から「抑うつ傾向がある」と言われました。

 医師に診てもらった日、2014年5月のメモです。

2014年5月○日

・Oクリニックに行ってきた。

 O医師は母の元気のなさに驚いていた。

 抑うつ傾向があるので、アリセプトの増量や薬の変更はなしにして、もう少し様子を見るとのこと。

 増量したり薬を変更したりすると、鬱傾向が強くなるかもしれないので。

 できれば毎日デイサービス「○○○○」に行くようにしたらいいだろうと。

 ショートステイの「メディカル○○」は若い職員が多く、母には合わなかったかもしれない、とO医師は言っていた。

 言外に「あそこはあまりよくない」と言っているようにも感じた。

 報告書のようなものも、O医師に見てもらったが、もう少し母の様子を観察して記録すべきだと。

 母はたった今(15:15)も、しばらく玄関に座っていて、何を思ったか冷蔵庫にあるさっき買ってきたいちごを手にして、玄関から出ていこうとしたので止めた。

 これから何度も徘徊があるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です