第36回 認知症介護 ケアマネの選定は事業所を選ぶということ?

Pocket

 母の認知症介護も、ケアマネジャーを選定する段階になりました。

 かかりつけ医であるO医師の助言もあり、元看護師のような看護師の資格を持った人を選ぶことにしました。

 地域包括支援センターに電話すると、ケアマネの選定は個人を選ぶというより、事業所を選ぶということだと分かりました。

 こちらの意向を伝え、いくつか紹介してもらったうちの「S病院居宅介護支援センター」のNさんをケアマネジャーとして選定することになりました。

 Nさんにはこの後、本当にお世話になりました。

 この時が2013年3月。

 それから母がグループホームに入ることになった2015年8月まで、約2年半、介護の苦しい時を助けていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

2013年3月○日

・地域包括支援センターに電話した。

 前回相談したAさんとも話せた。

 ケアマネは、(お願いする人が決まっていれば別かもしれないが)個人を選ぶというより、事業所を選ぶということらしい。

 個人的に電話してもいいし、地域包括支援センターに間に入ってもらってもいいとのこと。

 「S病院居宅介護支援センター」「○○カトリック居宅介護支援事業所」「居宅介護支援センター『○○』」「居宅介護支援事業所 ハートケア○○」の4つを紹介された。

 母は、リハビリする時に、(黙っていると)まず悪くない右肩の方を回そうとする。

 リハビリの肩の回し方も、なかなか理解しないから、やはり誰かがついていないといけなさそうだ。

 コープのケガ保険の請求に不備があり、書き直すために「ハンコを押して」と言うと、「ハンコはどこだったかね。覚えがない。」と言う。

 「覚えがない」ということが多くなってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です