第58回 認知症介護 夜中の激しい独り言

Pocket

 「母親は男を作って家を出て行ってしまった。だからお母さんは、母親代わりとして妹たちの面倒をみることになった。」

 母からこう聞かされたのは、もちろん私が成人してからでした。

 戦争の影響もあり、母はつらい子ども時代を過ごしてきたようでした。

 認知症と診断されて4年程が経ち、母の独り言もだんだん激しくなってきました。

 断片的な記憶が混線しているような感じでした。

 現在のことも、自分が子どもだった頃のことも。

 私にはやはり笑って過ごすことができません。

 どうしても独り言に見え隠れする母の思いを想像せずにはいられないのです。

 特に子供の頃のつらい記憶がよみがえっていることをうかがわせる独り言を聞くと、私もつらくなってしまうのでした。

 2015年2月のメモです。

2015年2月○日

・昨日の昼間も今朝朝方の2時半頃も、おばあちゃんの独り言は結構激しかった。

 昨日は妻が書き取ったものがあるので、それをそのまま記しておく。

 「ばばあはいるか、男はいるか、」とずっと聞こえる。

 怒って答えている。

 「人をだまして ○○ちゃん(三女の名前)もいるよ。大きい車もあるよ、お父さんもいるよ。寝てないよ。10時半で時計が止まってるよ。こんなに明るいのに昼だろうか夜だろうか。もうすぐお昼だよ。お外で子どもが遊んでいるよ。○○ちゃん(三女の名前)もいるよ。お父さんもいるよ。大きい車もあるよ。黒い車もあるよ。今お嫁さんがね、夕飯済んだからもう寝てくださいって。もう寝てるよ。こんなに明るいのにね。みんな寝てるよ。もう昼だよ。男がほしいか。男がほしいか。ようやく静かになったか。おしろい付けて紅つけてどこ行くの。男がほしいか、男がほしいか。バカ。いちばん……(不明)だ、おばあちゃんは。」

 最後の方の「おしろい付けて紅つけて」の辺りは、子どものころの母親に対する気持ちが出てきているのだろうか。

 妻はあまり心配で、ケアマネージャーのNさんに電話したとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です