第34回 認知症介護 母が転んで肩を骨折した その3

Pocket

 母は血圧を家庭用の血圧測定器で毎日測り、血圧手帳に記録していました。

 しかし、これも徐々に記録ができなくなってきていました。

 私が時々血圧の記録をチェックしていましたが、母が転んで肩を骨折したこのころは、それをさぼっていました。

 「白衣高血圧」にあてはまるのかは分かりませんが、母は病院で血圧を測定するとたいてい高い数値が出ました。

 食べるものの管理も難しくなってきていました。

 私たち家族は二世帯住宅に暮らしており、夕食はみんなで一緒に食べていましたが、母の朝食と昼食は、母に任せていました。

 生協の宅配を頼んでおり、母は自分で注文もしていました。

 ところが、このころには、生協の注文でも同じものを複数注文していたりして、冷蔵庫の中にモノが溜まっていきました。

 一緒に買い物に行っても、同じものをいつも買いたがりました。

 冷蔵庫の中には同じ商品があふれ、異臭を放ち始めているものもありました。

 申し訳ないと思いながらも、母が自分で生協の注文をすることもやめざるをえませんでした。

 パウンドケーキのようなものを、一気にすべて食べてしまうようなこともありました。

2013年2月○日

・OクリニックとN整形外科に母を連れて行った。

 Oクリニックでは、血圧が上がっているとのことで、これまで出ている3種類の薬(メバロチン、アリセプト、オメプラール)に、血圧を下げる薬(ディオパン錠40㎎)が加わった。

 以前は出ていた薬だ。

 骨折した後、血圧測定のチェックを私がしていなかった。

 2月△日から□日までは、母が血圧測定をしていなかったが、それに私は気づいていなかった。

 昨日と今日は、朝私が測定し、上が153、下が90前後。

 しかし、Oクリニックでは上が186だったか。いつも病院では高いが。

 血液検査の結果では、「H」が5つ。LDHとCPKと中性脂肪と血糖とMCV。LDHは、「肝臓・心臓・血液疾患などで高値となります」、CPKは、「心臓や骨格筋等が異常の場合、高値となります」とある。

 パウンドケーキをたくさん食べたようだと話したら、カロリーの低いものを置いておくといい、とのこと。

 何がいいかという話の中で、「のどが鈍いようだが」と話したら、チェックしてくれて、のどを押さえても反射がないとのこと。

 誤嚥の危険性も高いようだ。

 だから、ドロドロしたものがいいのだが、ゼリーやプリンだとカロリーが気になるし、とのこと。

 デイサービスを利用して、昼ご飯を食べてきてもらうのもいいのでは、という話も少し出た。

 N整形外科では、レントゲンを撮った。

 骨がずれてはいないようだ。

 これから1日に数回、自分でリハビリをする。

 座ったままおじぎをする姿勢で腕を垂らし、ぶらぶらさせるというもの。

 介護申請の意見書も書いてくれた。

 薬は「痛み止めはできればなくしたい。それか頓服に」と話してはみたが、「前回と同じように出しておきますので、痛くなければ飲まなくていい」とのこと。

 セレコックス錠100㎎とムコスタ錠100㎎が2週間分出た。

 A医院で出て二度は飲んだボナロン35mg(骨粗しょう症の薬)は、注意事項も多く難しいのでやめて、骨の吸収をよくするビタミン剤(?)のワンアルファ錠が出た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です