第31回 認知症介護 布団の敷き方が分からない

Pocket

 「あれ?」「母の様子がどうもおかしい。」そう思ったのは2011年のことでした。

 認知症初期の症状の代表的なものとして「物忘れの多さ」がありますが、母の場合もそうでした。

 そしてそれに伴う「モノ探し」、少し前にしたことを忘れることが多くなるので、物を探すことが増えます。

 「機械の操作など、やり方が分からなくなる」というのもあります。

 「第4回 認知症介護 認知症の検査に連れていく」では、初めて認知症の検査に連れて行った時のことを紹介しています。

 「第5回 認知症介護 認知症初期の症状 モノ探し」では、検査に連れていくまでどうだったのかと紹介しています。

 「第6回 認知症介護 認知症の検査 薬をどうするか」では、検査の日にトイレにカバンを置き忘れたことや、郵便局のATMの操作に戸惑ったことなどを紹介しています。

 初めて母を検査に連れて行ったのが2012年2月。2012年10月には、「布団の敷き方が分からない」ということもありました。

2012年10月○日

・妻の話によると、昨日、母は三女の秋子の布団を敷くのに、どう敷いたらいいのか分からないと言ったらしい。

 寒くなってきて秋冬モードの布団に変えようとしたのだと思う。

 どの毛布を使うのか、敷くのか掛けるのか覚えていないというだけかもしれないが、妻の印象では、その時の布団の散らばりようが、これまでのおばあちゃんとは少し違う感じがしたとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です