第21回 認知症介護 自動ドアが自動で閉まると分からない

Pocket

 認知症の症状は、物忘れが増える、時間の感覚が薄れる、同じ服ばかり着るようになる等、多くの人に共通する経過があります。

 いろいろなことが、少しずつできなくなっていきます。

 でも、その多くは、「後から振り返ればすでにあの時そうだった」と思えるものであって、その時々には年齢のせいかな、と思えるものです。

 銀行や郵便局で現金をおろすATMの操作にしても、スマホのような新しく出てきた機械にしても、高齢者はたいてい苦手です。

 高齢者と言えない年齢でも、機械が苦手な人もいます。

 認知症に関する本を読んでいると、「ああ、この症状もあった。こういう時もあった。」と母にもあてはまることがたくさんあります。

 こういうことがありました。こんなふうに対処しました。

 そういうことを当時のメモを振り返りながら紹介していきたいと思っています。

2012年5月○日

 ・Oクリニックに行った。

 薬がなくなったため。

 朝飲む4種類の薬(メバロチン、ディオバン、アリセプト、オメプラール)4週間分と、寝つきをよくするデパスを10回分。

 粉の胃の薬は、また胃の具合が悪いという訴えがあったらでいいでしょう、ということで出なかった。

 Oクリニックに入った時、自動ドアが閉まる前に、「何にもしなくていいのかな」と言っていた。

 帰りの車の中では「O先生、もう来なくていいって言っていたっけ」と言っていた。

 O医師が言っていたのは、「血液検査の結果、コレステロールの値もいいですね。毎朝の血圧もいいですね」ということだった。

 5月△日には、K皮膚科に行ってきた。

 湿布を貼って以来ひりひりするというので。

 見た感じはかぶれてもいない。

 K医師も皮膚科的には問題ないと言っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です