第19回 認知症介護 日曜日に病院へ

Pocket

 病院に行くために着替える。

 着替えて新聞を見て日曜日だと気づく。

 日曜日だから病院は休みだと気づく。

 こんなことは、まあ普通の範囲のことです。

 誰にでもある勘違いと言ってもいい程度のことです。

 年を取ってくれば、人の名前が思い出せないとか、お店の名前が思い出せないとか、よくあることです。

 行動を起こしてから、「あれ、何しようとしていたのだっけ?」ということもあります。

 認知症の初期症状と、老化によるものと、なかなか区別はつきません。

 私も50歳を超えて、人の名前やお店の名前がなかなか出てこないことが増えましたし、「あれ、何しようとしていたのだっけ?」も増えました。

 ただ、母の様子を見てきたので、正直怖いのです。

 これは老化のせいだろうか、と考えてしまうのです。

 怖がっても仕方がない、と思っても、やはり怖い。

 そして、また心の中で歌うのです。

 「明るく、明るく、走るのよー」という「東京のバスガール」の一節を。(「第10回 認知症介護 地域包括支援センターで相談」を参照)

2012年4月○日

・夕方、母は出かける格好をして「整形に行くために着替えたけど新聞見たら日曜日だった。

 何やっているのかねえ」と言っていた。

 こうして文字で見るよりは、違和感は少なかったが、あれ、と思った。

 腰が痛いようで、薬局で温湿布を買ってきた。

 整形に行けば湿布を安くもらえると私の妻に言われて整形に行く気になったのかもしれない。

 明日、整形に母と行ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です