第97回 認知症介護 認知症、前を向くために その3

Pocket

「認知症、前を向くために」という特集記事が、朝日新聞のオピニオン欄にあります。

今日(2018年12月16日)はその第3回で、「共に生きるまち」がテーマです。

まず、朝日新聞デジタルのアンケートに寄せられた声の一部が紹介されています。

「認知症だって、風邪や骨折と同じ。恥ずかしいことでも悪いことでもない」という10代女性の声もあります。

特に共感したのは、訪問介護に携わっている50代女性の声です。

「訪問介護の現場で、長く生きすぎた、死にたい、といわれる高齢の方に出会います。役割を奪われ、生きがいを感じることができなくなっている。でも、どの方も豊かな社会経験、様々な知識と知恵を持っている。それをお聞きすることはとても興味深い。『頑張ってこられたんですね』というと、うれしそうにされます。『対話』する福祉が大切と思います」。

私の母にも、豊かな社会経験や子育ての知恵があり、なかでも子育てに注いだエネルギーには相当なものがあり、それが私の母への大きな感謝につながっています。

記事では、「DFJI‐Zoomカフェ」が紹介されています。

「DFJI」というのは、認知症フレンドリージャパン・イニシアチブのことで、その「DFJI」がZoomというインターネットのテレビ会議システムを使って、認知症の本人や家族らの新たな交流を始めているというのです。

ちなみに初めの「D」は、認知症を意味する英語の「Dementia」の頭文字です。

認知症の関連ではこの「D」がよく出てきますね。

このテレビ会議は2017年8月に始まり、すでに240回以上開かれているそうです。

「同じ境遇の人に出会える心強い場所」になるかもしれません。

「DFJI」のウェブサイトはこちらです。→「DFJI」

記事にはさらに「認知症にやさしいまちづくり」に取り組む町田市の取り組みも紹介されています。

認知症の人や家族が安心して暮らせる地域であるためには、何が必要なのか。

当事者だけでなく、様々な分野の先駆者が集まって話し合う「まちだDサミット」というのが先月開催されました。

この「D」も「Dementia」の頭文字ですね。

町田市が本格的に「認知症にやさしいまちづくり」に取り組み始めたのは2015年。

市内のスターバックスコーヒーでは、認知症の人や家族が交流する「Dカフェ」が開かれています。

この「D」も「Dementia」の頭文字ですね。

「認知症、前を向くために」は、来週12月23日が第4回。

全4回の最終回です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です