第74回 認知症介護 グループホーム入所にあたってお伝えしたこと

Pocket

 ちょうど3年ほど前になりますが、2015年8月にグループホームに空きが出て、認知症の母はグループホームに入ることになりました。

 入所するにあたっては、いろいろな契約関係の書類もありましたが、私はこれまでの症状の経過や母の介護に対する家族の思いなども含めてメモにして、担当の方に渡しました。

 何か所か手を加えてありますが、だいたいの様子は分かるかと思います。

 2015年8月、母がグループホームに入ることになった頃のメモです。

2015年8月○日
・昨日、グループホーム「S」から、空きが出たから8月中には入所できると連絡が来た。

 躊躇する部分もなくはないが、進めていくことにする。

 次のページに、グループホーム「S」に伝えることをまとめておく。

 予定では、来週一度グループホーム「S」の方に母の様子を見に来てもらい、かかりつけのOクリニックで少し詳しく検査などしてもらい、8月△日頃に入所と言う感じで考えている。


○○○○(母の名前)についてのメモ(2015年8月×日)(同居していた次男が作成)

・昭和○年2月○日生まれ
・2011年頃から家族は認知症を疑い始め、2012年3月からアリセプトを飲み始めた。
 現在服用している薬は、「リスパダールOD錠1㎎」のみ。1日1回夕食後0.5錠。
 医師には「薬はなるべく少なく」とお願いしていた。(必要があれば勿論出してもらって構いません。)
・最近の生活状況など
・二世帯住宅で息子の家族(夫婦と子ども2人)と生活している。
・昼夜逆転というほどではないが、一日の大半はベッドで寝ている。
・起きているときはテレビを見ている。洗濯物を取り入れることはある。
・一時期はデイサービス(「○○○○」)に行っていたが、今はほとんど外出しない。
・性格は内向的で、人付き合いは得意ではない。元々は几帳面。
・エアコンは嫌いで、ほとんど使ってこなかった。(使ってもらって構いません。)
・最近は自分から風呂に入ろうとすることはめったになくなった。
・夕食は息子の家族と一緒に5人で食べることが多い。朝食は家族が準備して一人で食べている。昼食は任せているので食べないことも多い。食欲は旺盛。
・幻聴が聞こえるのか、大声で独り言を言うことが多い。「うるさい!」「出ていきません!」などと激しい口調で言うことも。「寝ていてもいい?」「お金がないんだけどご飯作ってくれる?」「時計をもってきてほしいと電話があったから」などと何度も家族に聞いてくる。
・「足が冷たいから」と真夏でも湯たんぽを使いたがり、実際使う。
・腰が痛いと訴えることもある。背中が曲がってきているので、実際に痛いこともあるかと思うが、家族が見ていないときにはすばやい動きをしていることもよくある。整形外科で診てもらうことはあるが通ってはいない。
・上の歯は総入れ歯。下は入れ歯が壊れたため、現在「K歯科」で作っている。自分で上手にはみがきできず、歯と歯の間に随分食べかすが溜まっている。一日一回でも食後のうがいを付き添ってしてあげてほしいと言われた。入れ歯の完成は9月はじめ。
・60歳代の後半にM市に来たため、周囲に知り合いはあまりいない。
・N市に妹がおり、2年くらい前までは2か月に一度くらいは会いに行っていた。
・通っている病院
・Oクリニック(全般。月に一度)
・K歯科
・N整形外科クリニック
・連絡先
・次男・一郎(電話番号)次男の嫁・○○○○(電話番号)M市在住
・長男・○○○○(電話番号)H市在住
・ケアマネージャー・Nさん(S病院)

○○○○(母の名前)についてのメモ・追加分(2015年8月×日)(同居していた次男が作成)

・食事(準備ではなく食べること)、排せつ、入浴は今のところ、自力でできる。
・入浴は自分から入ろうとすることは少なく、洗髪は私が手伝って2週間に一度くらいしていた。
・食事のとき、しょうゆを必要以上にかけたがるが、好きなようにさせていた。可能であれば、ある程度好きにさせてあげてほしい。
・のどの神経は随分鈍くなっており、飲食の時にむせることが時々ある。
・K歯科で作ってもらっている入れ歯はできたので、落ち着いたら連れて行ってほしい。
・胃ろうなど、延命のためのいわゆる「濃厚医療」は望んでいません。『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(幻冬舎新書)等の著書がある中村仁一医師の考え方に共感しています。母本人も家族もです。中村医師と考えを異にする他の医師を敵に回すようで、公言するのははばかられますし、正式な書面はありませんが、認知症と母が診断される前後に私は母と話をしました。母は夫や妹(私の父や叔母)の介護の経験もあり、20年来PPK(ピンピンコロリ)を切望していました。これからお世話いただく過程で、難しい局面もあるかと思いますが、参考までにお伝えしておきます。

 『大往生したけりゃ医療とかかわるな』には、その後の2017年に「介護編」が出ています。

 『大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】2025年問題の解決をめざして 』(中村仁一、幻冬舎新書)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です