第114回 認知症介護 少しでも母に喜んでもらいたくて

Pocket

 認知症の母がグループホームに入って、しばらくは届けを出して母と外出して、母の好きなものを食べに行くこともありました。

母に「何が食べたい」と聞くと、きまって「お寿司」と言いました。

寿司以外に母はうなぎも好きだったので、「うなぎを食べに行こうか」とこちらが言うと、「うなぎもいいねえ」と言って、うなぎを食べに行ったこともあります。

そのあたりは、「第82回 認知症介護 グループホームから外出し寿司を食べに行った」や「第92回 認知症介護 グループホームから外出しうなぎを食べに行った」に書きました。

しかし、そのように母を連れ出して外食できたのも、グループホームに入って1年余りでした。

その後は、お正月におせちを持って行っていくくらいです。

2018年11月には、みたらしを買って持っていきました。

みたらしは、母が特別食べたいと言ってはいませんでしたが、以前から私がみやげに買って帰ると母は「おいしい、おいしい」と食べていましたし、私にとって、みたらしは、子どもの頃のうれしい思い出がよみがえる食べ物の一つなのです。

グループホームの介護スタッフの方たちへのおみやげの分と、母と一緒に食べる分のみたらしを買っていきました。

2018年11月のメモです。

2018年11月○日

・「もう死にたい」という母の言葉が頭を何度もよぎり、気分が沈んでいたこともあり、母への面会は一か月くらいあいてしまった。

母と食べるのと、スタッフの方へのお土産も兼ねて、みたらしを買って(家用に5本、土産用に10本)、10:30に面会に行った。

朝から血圧が高いということで、母は寝ていた。

5分程部屋にいて、帰ってきた。

管理者のIさんが言うには、食事はしっかり食べるときもあるが、全く食べようとしないこともあるとのこと。

誤嚥のためだろうが、むせることも時々あると。

のどの神経が鈍くなっていて食べた時にむせるというのは、グループホームに入る前からのことではあるが。

みたらしものどに詰まらせる危険性があるものの一つなので、もう食べさせるのも難しいかもしれないと思った。

細かく刻めば大丈夫かもしれないが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です