第57回 認知症介護 電気あんかはいいか

Pocket

 母をグループホームに入れる決断をした大きな理由は二つでした。

 一つは、母が音を立てることが多くなり、家族の睡眠に影響するようになってきたこと。

 もう一つは、火事の心配が増えてきたことでした。

 そのあたりは、「第53回 認知症介護 ドンドン音をたてる」にも書きました。

 母は足が冷たいと訴え、しきりに湯たんぽを使いたがりました。

 母の部屋に行くとすごい湿気でした。

 ガスコンロでお湯を沸かすのです。

 母がやかんでお湯を沸かし、熱湯を湯たんぽにそそぐ。

 私が湯たんぽを触ってみると、まだ十分暖かいこともしばしばでした。

 20分か30分前にもお湯を沸かしているのです。

 火事の心配、母の火傷の心配が高いと感じました。

 そこでかかりつけのO医師に相談しました。

 O医師は、電気毛布や電気あんかを勧めてくれました。

 それで早速家電量販店に行き、電気毛布も電気あんかも買いました。

 火事になったり、火傷をしたりするよりは、安い物だと考えました。

 でも、結果からすると、電気毛布も電気あんかもそれほどよくはありませんでした。

 電気毛布について、私が心配していたのは四六時中つけっぱなしにすることでしたが、むしろ母はしょっちゅうスイッチを切っていました。

 電気毛布の暖かさが心地よくないのか、スイッチの消し忘れを気にして、しょっちゅう消していたのか分かりません。

 電気あんかも使い慣れたものではないので、母が自分から使うことはなかなかしませんでした。

 母がグループホームに入ったあと、どちらも処分しました。

 必要経費だったと思っています。

 2015年1月のメモです。

 母をグループホームに入れる決断をしかけている頃です。

2015年1月○日
・1週間ほど前におばあちゃんをOクリニックに連れて行った。

 1か月に一度の定期健診だ。

 幻聴が聞こえているかのような独り言が多くなってきたこと、不機嫌になることが多くなってきたこと、おかずにやたらしょうゆをかけたがること、一度お風呂で大便をしたこと等をメモ用紙に書いて伝えてきた。

 中でも湯たんぽのお湯や、髪をなでつけるお湯を頻繁に沸かすので、火事と火傷の心配があることも伝えた。

 電気毛布や電気あんかがいいと勧められたので、早速翌日に買いに行った。

 しかし、適切にスイッチを付けたり消したりが出来ないので、心配は尽きない。

 ずっとつけっぱなしを心配していたが、結構消している。

 あんかは自分からは使わない。

 新しいものだから使い方がよく分からないのだろう。

 説明しても分からない。

 それで、結局はお湯を沸かしているので、火の心配は変わらない。

 電気毛布を使い始めて、多少湯を沸かす回数が減ったかなという程度だ。

 ティファールを使ってくれれば危なくなくていいのだが、使えない。

 家が燃えてしまうリスクを考えると、もう施設に預けてしまうのがいいような気もしてくる。

 母は悲しむだろうから、なかなかその決断はできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です