第46回 認知症介護 抑肝散という薬

Pocket

 母のしゃっくりがひどくなってきていました。

痛い痛いと泣きわめくようなこともしばしばありました。

アリセプトD錠5㎎に、メマリー錠5㎎が追加されたのは2014年6月でしたが、その翌月、2014年7月にメマリー錠は20㎎に増量されました。

そして「不穏」の時に飲ませる薬として「ツムラ54 抑肝散エキス顆粒」という漢方薬が出ました。

「不穏」というのは認知症の周辺状況を指す言葉で、「暴力や暴言」、「興奮状態」「もの盗られ妄想(特にお金にまつわる)」「帰宅願望」、「介護拒否(食事・清潔・排泄など)」「幻覚(幻聴・幻視)」などがあります。

母の場合もここに挙げたほとんどがありましたが、この頃、特に目立った「不穏」は主に「興奮状態」でした。

問題はどう飲ませるかです。

「興奮状態」になってからではとても飲ませられません。

顆粒の薬ですし、押さえつけて飲ませるわけにもいきません。

予防的に夕食の前に飲ませるようなことはできましたが、それが本当に予防になったのかどうかは分かりません。

痛み軽減、筋肉のけいれんを伴う痛みを和らげるという「ツムラ68 芍薬甘草湯エキス顆粒」も出されました。

2014年7月のメモです。

2014年7月○日

・Oクリニックに行ってきた。

母はしゃっくりが結構出て、腰が痛い痛いと言って行かなかった。

Oクリニックに行くよ、という前から痛がっていた。

ケアマネージャーのNさんもOクリニックには来てくれることになっていたので、一郎とNさんの二人でO医師に相談してきた。

デイサービスの「○○○○」については、行ける状態にしておいて、本人が行く気になった時だけ、行くということにする。

メマリー錠は今回から20㎎。

泣きわめくようなときに飲ませるものとして、「ツムラ54 抑肝散エキス顆粒」が出た。

神経の興奮を鎮める、子どもの夜泣きなどを改善する薬だそうだ。

痛がるのは内臓ではないだろうとのこと。

つっているのではないか、と聞いてみると、それはありうる、ということで、痛み軽減、筋肉のけいれんを伴う痛みを和らげるという「ツムラ68 芍薬甘草湯エキス顆粒」も処方された。

こちらは朝夕一日二回。

Oクリニックから帰ってきたら、母はトイレに入っていて、出てきたときはかなり激しくしゃっくりをしていた。

夕食前なので、芍薬甘草湯を飲まそうと思って、オブラートに包んだが、飲みたがらない。

無理に飲まそうとしたら、はねのけそうな感じだ。

もともと粉薬は苦手にしていて、以前も粉薬はオブラートに包んで飲んでいたので、これから先も、飲ませられるか心配だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です