第15回 認知症介護 認知症の薬 アリセプト

Pocket

 母が認知症の薬を飲む日がきました。

 認知症の薬と言っても、認知症が直る薬はないとのこと。

 認知症の進行を遅らせる薬だということです。

 まずはアリセプト。認知症の代表的な薬です。

 徐々に薬の量を増やして、一定期間たったら別の薬に替える、それが一般的なようです。

 2012年3月半ばでした。

2012年3月○日

・Oクリニックに行った。

 朝飲む薬がこれまでの3種類から4種類になった。アリセプトD錠3㎎だ。

 物忘れの症状が進むのを抑える薬、認知症の薬だ。

 もちろん母の気持ちを考慮して、O医師も薬局のNさんも認知症の薬ですとは言わない。

 Nさんは「シャキッとします」と明るく言ってくれていた。

 この3㎎を2週間飲み、副作用などを確認して5㎎に移行するのが一般的な飲み方のようだ。

 妻の職場の人たちには「飲まないほうがいい」と言う人はいないらしいし、まあそうなのだろうが、やはり私には躊躇もある。

 アリセプトを飲み始めたら、薬をやめるという選択肢はなくなるはずだ。

 やめたら反動で急速に悪化する懸念もあるだろうから。

 薬の効果が薄れてきたら、10㎎にするか、別の薬に変えるということになるだろう。

 その後、I整骨院にも行ってきた。

 しかし、血圧を測ってO医師は「血圧の薬を飲まなかったから高い」と言ったのはなぜだろう。

 血圧手帳には今朝の血圧が記入してあり、決して高くはない。

 それはO医師も見たのに。

 病院で血圧を測るときはいつも高いとこれまで何度も言っているはずなのに。

 その場で「朝の血圧は高くはなかったですが」と尋ねてもよかったが、血圧の薬はやめてはいけないと言いたいがために、わざとそう言ったのかもしれないとか、色々考えて聞けなかった。

 しかし、少し私のO医師への不信感が高まった。

 不信感を持つのもよくないとは思うが。

 O医師は、私も私の母も信頼している医師でしたが、それでも時には、分かってもらえないというもどかしさを私が感じることはありました。

 例えば、怒りっぽくなった「不穏」の状態の時に飲ませる「抑肝散」という漢方薬がありますが、その状態になってからではとても飲ませられず、「不穏の状態でどうやって飲ませたらいいのだ」と思ったこともありました。

 もちろん、先生は不穏の状態がどんなものか、知らないはずはないのですけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です