第3回 認知症介護 このブログについて

Pocket

このブログでは、認知症の母を介護することになった私が、何かの役に立てばと思って書き始めたメモを元に書いていきます。

母の認知症の症状がどんなふうに始まり、どんなふうに進行していったか。

介護をする私がどう感じ、どう考え、どう対処していったか。

メモは2012年2月から始まります。

この日は大きな病院で認知症の検査を初めて受けた日です。

母の異変を感じ始めたのはそれより1年近く前でした。

現在、母はグループホームに入っており、自宅での介護は2年ほど前に終わりました。

母がグループホームに入る前と後では、私の家族の生活は大きく変わりました。

しかし、母の介護が終わったわけではありません。

6年ほど前から、少しずつ現在に近づいてくる形で進めます。

少し時間が経ったから分かったこともあります。

現時点での感想なども添えながら、振り返っていきます。

初めは少しまとめて記事を書いていきますが、しばらくしたら週に1度くらいのペースで更新していく予定です。

まずは、10回までをまとめて書き、30回までは毎日更新するのを目標とします。

その後は、週に1度、基本的には土曜日の夜10時に更新しようと考えています。

もし余裕があれば、水曜日か木曜日にもう1度更新できればと思っています。

医療従事者ではありませんので、用語などで正確でないこともあるかもしれません。

数年前と現在を行ったり来たりしますので、法律や制度など、現在とずれが生じることもあるかもしれません。

人名など固有名詞は、仮名やイニシャルを原則とします。

タイトルは、実は考えているものがありますが、事情があり今は使いません。

5年後、10年後に、時が来たら変更したいと考えています。

とりあえず「介護の誤解」でいきます。

「ある認知症介護の記録」はサブタイトルです。

ご了承くださいますよう、お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です