第88回 認知症介護 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」その1

Pocket

 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」が、今日と明日(2018年11月17日と18日)、2夜連続で放送されます。

 第1回の今日は「終(つい)の住処(すみか)はどこに」というテーマです。

 比較的安く手厚い介護が受けられる「特別養護老人ホーム(特養)」の待機者は30万人を超えるとされます。

 国は施設の担い手を「官から民」へと転換しようとしており、7年前に導入されたのが、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。

 その「サ高住」で何が起きているのか、実態が明らかにされます。

 第2回の明日は「命の終わりと向き合うとき」というタイトルで「終末期医療」がテーマです。

 私の母も先日「もう死にたい」と言い始めて、私はつらいです。

 妹や夫の最期を看病してきた母は「ピンピンコロリ」をあれだけ希望していたのに、そうはいっていない。

 私にとっても「終末期医療」をどうするかは、長年考えてきたテーマです。

 2夜ともゲストは阿川佐和子さんです。

 現在母親の介護をしている阿川さんは、3年前に父親の弘之氏を、延命医療をしないで自然な形で看取ったといいます。

 「穏やかな最期はどのように迎えることができるのか」に悩んできたとも。

 現場では「延命中止」の取り組みが始まっているということも紹介されるようです。

 親の介護に向き合っている人にとっては、どちらも切実なテーマで、見逃せないですね。

 私も見たいと思っています。

 詳しくはNHKのホームページをご覧ください。

 私もそこを参照しました。→「NHKスペシャル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です