第80回 認知症介護 グループホーム入所初期の母の様子

Pocket

 認知症の母がグループホームに入ったのは、2015年8月のことでした。

 激しい独り言を言ったり、夜中に物をたたいてカンカンと音を出したりして、家族の睡眠にも影響して、自宅での介護が限界だと判断したのでした。

 それでも、母が何もできないわけではありませんし、何も分からないわけでもありません。

 感情ももちろん残っています。

 グループホームに入所した初期は、思考力や判断力もあり、私が息子だということもはっきり分かっているようでした。

 3年後の現在では、私が息子だとは分かっていないようです。

 先日も私に対して「おにいちゃん、おにいちゃん」と呼びかけていました。

 私は長男ではないので、幼いころからずっと母に「おにいちゃん」と呼ばれたことはありませんでした。

 もしかすると、呼びかけ方が分からないだけで、目の前にいる私が息子だという認識はあるのかもしれません。

 そこは分かりません。

 母がグループホームに入所して以来、3年間一貫しているのは、「家に帰りたい」と訴えることです。

 これは私にとっては辛いことです。

 母がグループホームに入所した時には、紙パンツをしていました。

 尿も便も漏らしたことはまれでしたが、本人も家族も紙パンツをはいていたほうが気が楽だということで、はいていたのです。

 本人が進んで紙パンツをはいていたかは微妙ですが。

 しかし、グループホームに入ってしばらくしたら、紙パンツがとれました。

 というより、介護スタッフの方が、「ほとんど漏らしていないようなので、紙パンツはとりました。」と言って、紙パンツ無しにしてくれたのです。

 介護する側にとっては、紙パンツをはいていたほうが、何かと処理しやすいと思うのですが、「本人にはこのほうがいいと思うので。トイレに行かないと、と本人が気にする状況のほうがいいと思うので。」と外してくれたのです。

 この件で私たち家族の介護スタッフに対する信頼は高まりました。

 母がグループホームに入所して1か月から2か月の頃のメモです。

2015年9月○日

・昨日グループホーム「S」に面会に行ってきた。

 妻と三女の秋子と3人で。

 「ここにいても楽しいことはないねえ」と母は何度も言っていた。

 そういう言葉を聞くのは辛い。

 それでも、世話してもらっているからか、こざっぱりとして、見た感じは悪くはない。

 悲しそうではあるが、怒っているような不機嫌そうな感じではない。

2015年10月○日

・今日グループホーム「S」に面会に行ってきた。

 妻と二人で。

 「早く家に帰りたいけど、他に行くところがないからしょうがないねえ。」「ここで一人で寝るのは寂しいよ。」と言っていた。

 もちろん、大部屋がいいということではなく、「家族と一つ屋根の下で寝たい。」という意味のはずだ。

 寿司とうなぎでは、寿司の方が食べたいと言っていた。

 来週の三連休のどこかで外出して寿司を食べに行こうかと考えている。

 介護スタッフのHさんに聞いたところでは、初めのころは独り言もあったが、最近は全然独り言を言っていないとのこと。

 見た感じは穏やかそうで悪くはない。

 しかし、帰りたい、寂しい、という言葉は当たり前だが出る。

 そういう言葉を聞くと、こちらも寂しくなってきて辛い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です