第37回 認知症介護 母の肩の骨折 その後

Pocket

 2013年2月に母が転倒して肩を骨折した時のことを、

第32回 認知症介護 母が転んで肩を骨折した その1」、

第33回 認知症介護 母が転んで肩を骨折した その2 介護申請へ」、

第34回 認知症介護 母が転んで肩を骨折した その3」に書きました。

 その後です。

 特に変わったことはありません。

 母が自分一人で医師に指示されたリハビリをすることは難しいので、私が補助してリハビリをしました。

2013年3月○日

・Oクリニックに行った。

 月に一回の定期的な受診。

 大きく変わったことはないが、O医師との話の中で、「骨折」を「骨にひびが入っちゃってねえ」と言っていた。

 以前、近所のお茶屋さんに行ったときにも「骨にひびが」と言っていた。

 「骨折した時は昼間で明るかった」とも言っていた。

 夕方で暗かったのに。

 薬局で「血圧はどうでしたか」と聞かれたが、覚えていなかった。

 今回の血圧は高くなかったし、少し前のことを忘れてしまうのは日常のことだが。

 その後、N整形外科にも行った。

 骨が大分できてきたようだ。

 薬は同じ。カルシウムの吸収をよくするという薬。

 リハビリもあと2週間はこれまでと同じことをしたらいいとのこと。

 前かがみになって、内回しと外回しをするもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です