第121回 認知症介護 肺炎

 「お母さまがせき込むので病院に連れて行って診てもらったところ、肺炎という診断でした。もし、容体が急変した場合、救急車を呼びますか」とグループホームの職員の方から電話がありました。

 もちろんとまどいはありましたが、「救急車を呼ばないということは、お医者さんに連絡して看取るということですか」と尋ねたうえで「そうしてください。救急車は呼ばないでください」と私は答えました。

 グループホームに入るときに、母本人や家族の希望を伝えています。

 母は50歳代の若さで亡くなった妹さんの介護や夫(私の父)の介護などを経験しており、長患いしない「ピンピンコロリ」を切望していましたから。

 私も終末期医療をどうするかということについては、父の終末期以来、何年も考え続けてきていますから。

 そして、遠方に住む兄に電話しました。

 「グループホームから電話があった。お母さんが肺炎になったらしいよ。容体が急変したら救急車を呼ぶかどうかを聞かれたから、呼ばないでほしいと言ったよ。それがお母さんの希望でもあったはずだから」と伝えました。

 「もしかしたら、今晩家族が呼ばれるかもしれないし、それはないかもしれない。でもあの口ぶりなら可能性は結構ありそうだから、この週末はこちらに来ておいたほうがいいと思うよ。喪服も持って」と伝えました。

 それが1か月ほど前のことです。

 医師の話では誤嚥性肺炎かどうかはよく分からないということでした。

 母はグループホームに入る以前からのどの神経が鈍くなっている感じがあり、食事時にむせることがしばしばありましたから、誤嚥性肺炎になる可能性は高いと考えていました。

 私も覚悟していましたが、その後母は快復しました。

 5日ほど栄養や薬を点滴したようです。

 その間、口からは何も食べていないはずです。

 担当している医師は「女性は強いなあ」と言っていたそうです。

 快復したといっても、こちらの呼びかけに「あー」と返事をしたり、オウム返しに同じことを言ったりする程度です。

 「腰が痛い」と「お家に帰りたい」も以前のように言うようになりました。

 そんなこんなで、ブログの更新が2か月もあいてしまいました。

 以前のようなペースではなかなか更新できないかもしれません。

第115回 認知症介護 グループホームからの便り

 認知症の母がお世話になっているグループホームからは、毎月お便りが届きます。

もちろん、領収書や請求書も入っていますが、母の様子を知らせてくれるものも入っています。

それほど細かいものでなくても、ありがたくうれしいものです。

昨年(2018年)11月に届いたお便りには、エプロンを購入してほしいということが書いてありました。

食事の時に服を汚してしまうようです。

「箸やスプーンを使わずに手づかみで勢いよく食べる」ということも書いてありました。

母はグループホームに入る前から、すでにのどの神経が鈍くなっていて、食事時にむせることもしばしばあったので、誤嚥性肺炎になるのが心配です。

グループホームでは、そのあたりも考慮してくれていて、ムースやゼリーにしてくれているようです。

もちろん、食べることは、本人が楽しそうに食べているかは別にして、楽しみの一つでしょうから、ムースやゼリーばかりにならないようにとは思っています。

グループホームでは、時々入所者を外に連れ出して、外食させてくれたりしています。

これもありがたいことです。

2018年11月のメモです。

2018年11月○日

・グループホームから便りが来た。

毎月送られてくるものだ。

内容はたいてい5点。

「利用料領収書兼サービス提供証明書」、「利用料請求書」、「小口明細書」「領収書類」「おたより」の5点。

以前は、グループホームで作っている新聞のようなものもあった。

「小口明細書」というのは、病院にかかったり外出して何か食べたりしたときの費用の明細だ。

「領収書類」はその領収書やレシートなど。

「おたより」には、日常の様子や連絡事項などが書いてある。

昨日来た「おたより」には、母が「最近は食事を箸やスプーンを使わずに手づかみで勢いよく食べる」ことが書いてあった。

そして、「むせこむことも増えてきたので、ムースと栄養補助食品のゼリーに変更し様子を見ている」とも。

食事時に服を汚してしまうことが多くなってきたため、食事用エプロンを購入してほしいという依頼もあった。

今日妻とグループホームに行き、どのようなものがいいかを聞いてこようと思っている。

第110回 認知症介護 インフルエンザ

 母がグループホームに入って2年半ほど経った昨年の2月の昼頃、私の携帯電話にグループホームから電話がかかってきました。

熱が38度を超えているから、病院へ連れていくかどうかの判断をしてほしいと言うのです。

その日は日曜日でしたから、救急の病院しかやっていません。

例年、11月か12月にインフルエンザの予防接種をしていますが、それでもかかってしまったようです。

私は連れて行ってくださいとお願いしました。

基本的に母は延命治療を望んでいなかったので、そのことはグループホームに入るときに伝えてあります。

それでも、股関節を骨折したときにも、手術をするかどうかの判断を迫られました。

骨折の手術と延命治療は別ですものね。

1度目の骨折のときには、手術をお願いしました。

こういう場合、普通は手術すると医師から言われたからです。

2度目の骨折のときには、手術をお願いしませんでした。

手術しなければ歩けるようにはならず、車いすでの生活になるけれども、手術後のリハビリなどを考えると、手術しないという選択肢もあると医師から言われたからです。

1度目の手術後、点滴などを抜いてしまわないように、両手にミトンをはめられ拘束されている母を見るのは辛かったです。

理学療法士の方が、親切丁寧にリハビリしてくれていましたが、それでもリハビリする母を見るのも辛かったです。

歩けるようになることは、もちろんいいことですが、また転倒して骨折してしまう危険を常に抱えるということでもありましたから。

このような大きな判断を、母に代わってしなくてはならない。

どのような判断をしても、あれでよかったのだろうかと後から悩むことになりそうで、これも介護を主に行う者の辛いところだと感じています。

2018年2月のメモです。

2018年2月○日(日)

・昼過ぎにグループホーム「S」から電話があった。母に熱があり、38.8度まで上がってきたが、病院に連れていくかという相談だった。

救急のクリニックに夕方連れて行ってもらうことにした。

夜8時、また電話があり、クリニックでの診察結果を報告してくれた。

インフルエンザA型だった。

肺炎の疑いもある。

明日、改めてかかりつけのOクリニックに連れて行ってくれるとのこと。

これからこのような判断を求められることが増えるのだろう。

延命治療は望まない旨、入所の時にメモは渡しているが、色々なレベルのことがあるだろう。

グループホームの職員さんには頭が下がる。