第112回 認知症介護 母の「夢だった」の意味

 「夢だった」と母が言いました。

昨年(2018年)9月に、私が一人でグループホームに面会に行ったときのことです。

母との意思疎通は難しくなっているので、その「夢だった」の意味が分かりません。

会いに行った少し前にうとうとしていて夢を見ていたのかもしれません。

それを「夢だった」と言ったのか。

前後の脈絡はありません。

この1か月ほど後に面会に行ったときに「もう死にたい」と母が言って、ドキッとしたこともありました。

その時は正気で言っていると感じたからです。

それを思うとこの「夢だった」も正気の言葉と思えてくるのです。

「人生を振り返ると夢のようだった」かもしれません。

しかし、このとき私が聞いたのは、「お前に会うのが夢だった」なのです。

それも普通に考えればおかしいのです。

数週間に一度は会いに行っているのですし。

母はもう私のことを息子だと認識していないようです。

このときも「おにいちゃん、おにいちゃん」と呼んでいました。

私は次男ですから、幼いころも母から「おにいちゃん」とは呼ばれていません。

もしかすると兄と見分けがつかなくなっているのかもしれません。

息子としての長男としての「おにいちゃん」ではなく、よその男の子に対しての「おにいちゃん」という感じの呼びかけではありましたが。

本当のところは、単純な意味なのかもしれませんが、あれこれと考えてしまいます。

母がそう感じているかどうかも分からないのですが、言いたいことを伝えられないもどかしさを感じているかもしれない、と考えてしまうのです。

2018年8月の短いメモと9月のメモです。

2018年8月○日

・兄が来ていたので、三女の秋子と私の三人でグループホーム「S」に行ってきた。

今日は母の顔色もよく、機嫌がよさそうなのが何よりよかった。

2018年9月○日

・そろそろグループホームに預けているお小遣いが足りなくなっているのではないかと思い、1万円を持って行った。

やはりマイナス2000円になっていた。

母はそれなりに元気そうだった。

私に向かって何度も「おにいちゃん、おにいちゃん」と呼んでいた。

昨日、N市に行ってきたことなどを話すと、「よかったね」などの受け答えはする。

途中「夢だった」と言うので、「夢を見たの」と尋ねると、「夢だった」と言う。

「お前に会うのが夢だった」とはっきりとした口調で言った。

息子に会いたかったという意味なのだろう、たぶん。

「おにいちゃん」と言っているので、息子というのは分かっていない。

もしかすると、息子とは分かっているけど、どう呼べばいいのかが分からないだけかもしれない。

いやいや、それはないな。

でも次男の私にこれまで「おにいちゃん」と呼んでいたことはないので、息子というのはきっと分かっていない。

第111回 認知症介護 面会の間隔があいてきた

 認知症になった母がグループホームに入ったのは、2015年(平成27年)の8月、初めのころは、1週間に1度は面会に行くように心がけていました。

しかし、時間が経つにつれて、面会に行く間隔は徐々に開いていってしまいました。

面会に行くときは、たいてい私の車に乗って行きます。

母が入居しているグループホーム「S」は、私の自宅から車で15分くらいの場所にあります。

母が入居した初めのころ、三女の秋子は一人で面会に行ってくれることもありました。

自転車に乗って25分から30分くらいで行ける距離ですので。

もちろん、面会に行く回数は私が一番多いです。

妻や子どもたちが都合が悪くて行けないこともあります。

私の都合が悪い場合は、たいていみんなが行かないことになりますから。

私はグループホームに必要なものを届けたりすることもありますし、一人で面会に行くこともあります。

面会の間隔があいてしまうのには、いろいろな原因があると思います。

まず、一緒に暮らしてきた家族だという感覚の薄れです。

「遠く離れてしまうと、どうしても関係が疎遠になってしまう」という意味のことわざがありましたね。今すぐ思い出せませんが。

私たち家族と母が、遠く離れたわけでもありませんが。

次に、面会に行くと母が必ず口にする「家に帰りたい」という言葉を聞くのがつらいということもありそうです。

妻や子どもたちも感じているでしょうけれど、私は正直これを聞くのもつらいです。

「そりゃあ、帰りたいだろうな」と思います。

自分がもしグループホームに入ったらと想像しても、家に帰りたいという気持ちが第一に来ると思います。

だから、母のグループホーム入居を決定した私は、申し訳ないという気持ちがどうしても出てきてしまうのです。

家族の状況、介護の限界、様々なことを考えて決めたことではありますが、割り切れないものは残ります。

母の反応が鈍くなってきたこともあるかもしれません。

入居して3年半ほど経ちましたから、その間に、症状は進んでいます。

要介護1だったのが、要介護2となり、今は要介護4です。

2年ぐらい経ったころからだったでしょうか、私のことが息子であると分かっているかも怪しくなってきました。

耳は今でもよく、こちらの言葉が届いているようではあります。

しかし、それも聞こえた言葉をほぼそのまま返すオウム返しが増えています。

母に会えるのもあと何回だろうとも思います。

その気持ちと日々の雑事との間で、私の気持ちはいつも揺れています。

2018年4月と6月のメモです。

2018年4月○日

・2カ月ぶりくらいにグループホーム「S」に行ってきた。

2週間にわたる長期の出張に行っていたから、しばらく行けなかった。

その間、妻と三女の秋子は1度行っている。

一昨日の夜、グループホーム「S」から電話があり、母が鼻を机にぶつけたか何かしたという。

今日も鼻の周りが黄色かった。

みたらし団子を買った。

スタッフの方々に10本と母と食べるために5本。

あいかわらずだが、「家に帰りたいな」と「腰が痛いな」を繰り返し言っていた。

2018年6月○日

・久しぶりにグループホーム「S」に行ってきた。

家族の都合が合わなくて、なかなか行けなかった。

今日は休みを取っていたので、一人で行ってきた。

「家に帰りたいな」と「腰が痛いな」はあいかわらずだったが、今日は「頭が痛いな」も言っていた。

目つきも表情も少しぼーっとしているようだった。

耳は相変わらずよく、言葉をとらえ損ねることはあっても、聞こえていないことはなく、すぐに何らかの返事を返す。

そのまま繰り返しのこともあるが、そうばかりでもない。

第99回 認知症介護 認知症、前を向くために その4

 「認知症、前を向くために」という特集記事が、朝日新聞のオピニオン欄にあります。

 先日(2018年12月23日)はその第4回で、「リスクに備える」がテーマです。

 まず、朝日新聞デジタルのアンケートに寄せられた声の一部が紹介されています。

 「認知症の人を家族のみで支えるのは厳しく介護職員の方々に救われることが多いです。懸命に寄り添ってくれる介護職員の処遇改善を強く望みます」という40代女性の声がありました。

 認知症の人が起こした事故の被害者と加害者双方を自治体が救済する「神戸モデル」の紹介もありました。

 来年度から始まる全国初の仕組みです。

 早期受診を促す助成制度があります。

 65歳以上の神戸市民なら自己負担ゼロで認知症の健診や精密検査が受けられるのです。

 認知症と診断されたら、最高2億円の賠償責任保険に加入しますが、その保険料は市の負担です。

 この記事の中にもありますが、認知症の人の事故や、第三者への賠償責任に関心が高まったのは、愛知県大府市で認知症の男性が列車にはねられた事故がきっかけでした。

 大府市ではこの12月21日、認知症条例制定1年を記念してモニュメントの除幕式がありました。

 認知症に対する施策という点で、大府市と神戸市は注目の市ですね。

 記事には、朝日新聞デジタルのアンケートの結果を表にしたものもありました。

 「あなたや家族が認知症になったとき、前向きに生きるために、特にどんな情報が必要だと思いますか?」という問いに対する上位3項目は、1位「介護サービスの情報」、2位「行政など相談窓口の情報」、3位「医療の情報」でした。

 「認知症とともに生きる社会をつくるために、どんな取り組みが広がってほしいですか?」という問いに対する上位3項目は、1位「認知症の当事者の声を踏まえた政策や施策」、2位「認知症の人や家族を対象にした各種の保険や公的救済」、3位「介護保険サービスの充実」でした。

 12月5日から18日のアンケートで、回答数が158と多くはないものの、参考になると思います。

 記事にはさらに、捜索費用などを補償するための当事者向け保険が出てきていることも紹介されていました。

 外出して行方不明になった時の捜索費用を補償するというのは、「業界初」とのことです。

 本題からはそれますが、私がこの記事で感じたことの一つは、保険業界も吸収合併などの再編が進んだのだなということでした。

 記事に出て来る保険会社の名前は、「東京海上日動火災保険」、「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命」、「三井住友海上火災保険」、「あいおいニッセイ同和損害保険」でしたから。