第52回 認知症介護 ケータイ解約、生協の宅配脱退

 「認知症になっても何も分からなくなるわけではないし、何もできなくなるわけでもないし、できることはなるべく自分でさせるようにしよう」そう思っていました。

 今もそう思っています。

 買い物に行って同じものを買ってくるからといって、買い物の機会をなくしてしまうよりは、無駄になってしまったものを処分する。それも介護のための、母に少しでも機嫌よく過ごしてもらうための必要経費のように考えていました。

 今もそう考えています。

 それでもどこかでやめる判断をする時がきます。

 まず、携帯電話の解約でした。

 認知症初期の頃は、母も携帯電話を使うことはできました。

 メールなどはできないにしても、電話をかける、かかってきた電話に出る、といったことはできました。

 出かけるときには携帯電話を持っていく、ということもだいたいはできていました。

 しかし、それも徐々にできなくなり、電話がかけられないことにいら立つようなことも増えてきました。

 それでケータイは解約することにしました。

 違約金がかからない月まで待とうかとも考えましたが、違約金がかかってもすぐに解約したほうが安上がりだと判断し、解約しました。

 できなくなってきていたとはいえ、母のできることを一つ取り上げるようで、少し心が傷みました。

 生協の宅配も脱退しました。

 まだある物を注文するようなことが増え、冷蔵庫の中が臭くなってしまうことも増えてきました。

 ここでも、母のできることを一つ取り上げるようで心が傷みましたが、必要経費とは考えられなくなってきていました。

 時々母と一緒に買い物に出かけるようにはしましたが。

 そんな頃、2014年12月のメモです。

2014年12月○日

・11月○日に母のケータイを解約してきた。

 違約金で10000円ほどかかるが、かからないのは1年半後くらいなので、このまま使わずにいくよりは出費が少ないと判断して解約した。

 同日、生協も脱退の手続き(必要書類を郵送)をした。

 必要経費と思って続けるまでもないと考えた。

 食欲は旺盛だが、足を痛そうにしていることは多い。

 昨日は、約1か月ぶりに洗髪した。

 「頭洗おうか」と声をかけても「洗わない」と言って、なかなか洗ってくれない。

 数日前には玄関に置いてある母の靴がなくなっていて、「まさか出かけたか」と慌てたが、部屋にいた。

 靴は二三日後に玄関にもどっていた。

 靴は戻っていたが、昨日財布がないのに気付いた。

 財布の中には保険証も入っている。

 今、母が来て「秋子ちゃん、いる?」と聞いてきた。

 秋子はおばあちゃんの部屋でテレビを見ていた。

 行くと「おばあちゃんが怒ってきた」と秋子は言う。

 おばあちゃんは「おってもいいよ」と怒った口調で言い、戸をぴしゃりと閉めて寝室に入っていった。

 今しゃっくりをしている。

 しゃっくりをしたり、どんどん足を鳴らしたり(これはただ足を引きずって歩いているだけかもしれないが)、ぴしゃりと戸を閉めたりするときは、機嫌が悪いようだ。

 なぜかは分からない。

 妻がお風呂に入った頃も、機嫌は悪かったらしい。

 「話しかけても振り向きもしないし」と妻は言っていた。

 7月頃ほど悪くはないが、しゃっくりしたり、機嫌が悪かったりすることも少し増えてきた感じがする。

第30回 認知症介護 介護の敵 通信販売 その2

 前回に続いて「認知症介護の敵 通信販売」についてです。

 Y養蜂場の健康食品に続いて、Sウェルネスから届けられるセサミンも母の部屋には溜まっていました。

 もちろん、隠すようにして食器棚の下などに置いてあったのです。

 『母さん、ごめん。』の中で松浦晋也さんは、「通販事業者が悪意を持っているとは思わない。だが、願わくば自分のビジネス形態を省みて、定期購入契約を見直してほしいと切に願う。認知症の老人の家計にとって重大問題だし、かつ介護をする者にかかるストレスにも大きな影響を与える問題だからだ。」(『母さん、ごめん。』39頁)と書いていますが、私も全く同感です。

2012年10月○日

・Sウェルネスからセサミンが送られてきた。

 問い合わせしたところ、3か月に1回(1箱)お届けという契約になっているらしい。

 1箱9800円の1割引きで8820円。

 消費税が441円で合計9261円。

 支払いは振り込み用紙でコンビニなどで支払うことになっている。

 これで開けていないのが3箱になり、開けてあるのもまだたくさん入っているのが1箱あるので、止めてもらうようにお願いした。

 再開するならまた電話すればいい。

 電話は0120-×××-×××。

 前回と違う番号だが。

 今回送られてきた分については、支払いをする。電話の相手はAさんだった。

第29回 認知症介護 介護の敵 通信販売 その1

 『母さん、ごめん。』の中で松浦晋也さんが、「認知症介護の予想外の敵」と言っているように、通信販売は介護する者にとって「敵」に思えるものです。

 認知症になると、忘れることが多くなるので、注文や契約をしたかどうかも忘れることが多くなります。

 判断力も落ちてくるので、通販で買ったものがどんどんたまってくる、消費しきれない、という判断が難しくなってきます。

 もうこれ以上いらないのだけれど、どうしたらいいのか分からない、ということもあるでしょう。

 母もいくつかの商品を通販で契約していました。

 商品が溜まってきて発覚する、支払いの催促が来て発覚する、いくつかのパターンがあると思います。

 私も何件か解約の電話をしました。

2012年10月○日

・Y養蜂場から「定期購入のお申し込みありがとうございます」というはがきが来ていたので、母に尋ねると「頼んだのかどうか覚えていない」と言うので、0120-×××-×××に電話してキャンセルした。

 2か月に一度代金引き換えでお届けということになっていた。

 家にはY養蜂場の健康食品が1瓶あるので母に聞いたがよくわからないと言う。

 どうやら電話で申し込みをしたらしい。

 初回は半額ということで、3500円位を代金引き換えで郵便局の人に支払ったようだ。

 妻に聞くと、その時も「頼んだのかなあ」と言っていたようだ。

 Y養蜂場のMさんには、「また申し込みがあったら私の携帯電話に電話して確かめてください」と頼んでおいた。

 これ以外に、Sウェルネスのセサミンも買っているようだ。

 定期購入なのかどうかは分からない。

 今2瓶開けていないのがあって、1瓶開けてあるのがある。

 こちらも電話して確かめておこうと思うが、9時から17時までなので、なかなか電話できない。

 こちらは0120-×××-×××だ。