第64回 認知症介護 リスパダール

 リスパダールというのは、認知症の薬ではありません。

 統合失調症の薬で、精神状態を安定させる薬のようです。

 母の自宅での介護ももうそろそろ無理かなと思い始めた2015年3月頃、家族の睡眠を確保するために、リスパダールが母に処方されました。

 「8050問題」(下に注あり)も大きな問題ですが、子育て中に介護を担う「ダブルケア」も問題です。

 子どもたちの生活も考えてやらなくてはなりません。

 2015年3月のメモです。

2015年3月○日

・Oクリニックに相談に行ってきた。

 独り言に加え、カンカンと音を出すようになり、子どもたちを守ってやるには、今後どうしていったらいいかと。

 まずは、夜寝てもらうために、「リスパダールOD錠1㎎」(ODというのは、口腔内崩壊錠。口に入れれば水を飲まなくても溶けていくという薬。

 1㎎の薬しかないが、0.5㎎ということなので、半分に割ってある。)という薬を出してみようと。

 これは、「脳の神経に作用して、興奮、不安、緊張状態などを鎮め、精神状態を安定させる薬」とのこと。

 認知症の適用ではなく、統合失調症の適用らしい。

 これを夕食後に飲ませて、夜安静にしてもらおうと。

 一方、グループホームは空きが出ないとなかなか入れないので、その前に、デイサービスに行って、一日のリズムを作っておきたいと。

 グループホームは認知症の人ばかりだから、周りに迷惑が掛かってということは、そう気にしなくても大丈夫とのこと。

 しかし、O医師は母がデイサービスの「○○○○」に行っていたことや、それを苦にしていた独り言を言っていたことなどは覚えていないようだった。

 「○○○○」がどこにあるかも忘れていた。

 ケアマネのNさんに、グループホームの空きがあったら教えてほしいと伝えておいた方がいいかもしれない。

※ 8050問題(読み方:ハチマルゴーマルもんだい)
ひきこもりの子をもつ家庭が高齢化し、50代の中高年のひきこもりの子を80代の後期高齢者にさしかかった親が面倒見るケースが増えている、という社会問題のこと。(weblio辞書より)

第62回 認知症介護 認知症薬 仏が保険適用除外

 「副作用の割に効果低い」ということで、日本でも使われている認知症の薬がフランスで医療保険の適用対象から外されることになりました。

 2018年6月24日の朝日新聞朝刊で見ました。

 対象はアリセプト、メマリー(いずれも商品名)などの4種類です。

 もちろん、私の母にも処方されましたし、認知症の薬に限らず、認知症を誘発したのではないかと思われる薬についても、このブログの中でたびたび触れてきました。

 以下の記事なども参照してください。

第15回 認知症介護 認知症の薬 アリセプト」
第44回 認知症介護 認知症の薬 メマリー
第46回 認知症介護 抑肝散という薬
第60回 認知症介護 『飲んではいけない認知症の薬』

 朝日新聞の記事では、日本で2015年4月から2016年3月にかけて、処方された抗認知症薬の量は、オーストラリアと比べ、少なくとも5倍多いとのこと。

 「日本では安易に抗認知症薬が使われている印象だ」という専門家の言葉も紹介されています。

 「第60回 認知症介護 『飲んではいけない認知症の薬』」で紹介したNPO法人医薬ビジランスセンター理事長の浜六郎さんの言葉をもう一度紹介しておきます。

 「認知症という診断がなされたら、まずすべきことは、『認知症用の薬剤を服用する』ではなく、『何か薬剤が悪さをしていないか点検する』ことです。そして、あわてて、認知症用の薬剤を服用し始めないことが大切です」

第46回 認知症介護 抑肝散という薬

 母のしゃっくりがひどくなってきていました。

痛い痛いと泣きわめくようなこともしばしばありました。

アリセプトD錠5㎎に、メマリー錠5㎎が追加されたのは2014年6月でしたが、その翌月、2014年7月にメマリー錠は20㎎に増量されました。

そして「不穏」の時に飲ませる薬として「ツムラ54 抑肝散エキス顆粒」という漢方薬が出ました。

「不穏」というのは認知症の周辺状況を指す言葉で、「暴力や暴言」、「興奮状態」「もの盗られ妄想(特にお金にまつわる)」「帰宅願望」、「介護拒否(食事・清潔・排泄など)」「幻覚(幻聴・幻視)」などがあります。

母の場合もここに挙げたほとんどがありましたが、この頃、特に目立った「不穏」は主に「興奮状態」でした。

問題はどう飲ませるかです。

「興奮状態」になってからではとても飲ませられません。

顆粒の薬ですし、押さえつけて飲ませるわけにもいきません。

予防的に夕食の前に飲ませるようなことはできましたが、それが本当に予防になったのかどうかは分かりません。

痛み軽減、筋肉のけいれんを伴う痛みを和らげるという「ツムラ68 芍薬甘草湯エキス顆粒」も出されました。

2014年7月のメモです。

2014年7月○日

・Oクリニックに行ってきた。

母はしゃっくりが結構出て、腰が痛い痛いと言って行かなかった。

Oクリニックに行くよ、という前から痛がっていた。

ケアマネージャーのNさんもOクリニックには来てくれることになっていたので、一郎とNさんの二人でO医師に相談してきた。

デイサービスの「○○○○」については、行ける状態にしておいて、本人が行く気になった時だけ、行くということにする。

メマリー錠は今回から20㎎。

泣きわめくようなときに飲ませるものとして、「ツムラ54 抑肝散エキス顆粒」が出た。

神経の興奮を鎮める、子どもの夜泣きなどを改善する薬だそうだ。

痛がるのは内臓ではないだろうとのこと。

つっているのではないか、と聞いてみると、それはありうる、ということで、痛み軽減、筋肉のけいれんを伴う痛みを和らげるという「ツムラ68 芍薬甘草湯エキス顆粒」も処方された。

こちらは朝夕一日二回。

Oクリニックから帰ってきたら、母はトイレに入っていて、出てきたときはかなり激しくしゃっくりをしていた。

夕食前なので、芍薬甘草湯を飲まそうと思って、オブラートに包んだが、飲みたがらない。

無理に飲まそうとしたら、はねのけそうな感じだ。

もともと粉薬は苦手にしていて、以前も粉薬はオブラートに包んで飲んでいたので、これから先も、飲ませられるか心配だ。