第66回 認知症介護 NHK「金とく」「日中 支え合う“老後” ~進む介護協力~」を見た。

 NHK「金とく」の「日中 支え合う“老後” ~進む介護協力~」という番組を見ました。

 昨日の記事には、「第65回 認知症介護 中国の介護事情 NHK「金とく」で中国の介護現場を特集」というタイトルをつけましたが、「中国の介護事情」というよりは、「日中の介護協力」という番組内容でした。

 朝日新聞のテレビ欄にはありませんでしたが、「日中 支え合う“老後” ~進む介護協力~」という番組のタイトルがあったのですね。

 「テレビ王国」というネットの記事で知りました。

 私はあまりテレビを見ないので知りませんでしたが、NHKの「金とく」は、「中部の “見たい” “知りたい” “行ってみたい” に応える」というコンセプトで、「中部地方の自然や文化、歴史や暮らしをより深く取材して描く企画や、新たな魅力を発掘する企画など、地域の皆さんの関心に応える番組」なのですね。

 名古屋局管轄の東海・北陸の各放送局で放送されている地域情報番組のようです。

 番組の中で、特に印象的だったことが3つありました。

 1つは、日本に帰国した中国残留孤児の方々が介護される年代になっていたこと。

 中国人介護士の王さんが名古屋市で運営する介護施設には、幼いころ中国で育ったため日本語よりも中国語のほうが話しやすいという中国残留孤児の方々がいらっしゃるようです。

 日本に留学経験のある王さん以外にも、今は日本で暮らしているという中国人の介護スタッフがいるようでした。

 中国から介護人材を受け入れるにあたってその指導役を任されようとしている劉さんが、「介護の技術以上に、礼儀やマナー、介護の心掛けを伝えていくことが大切」というようなことを言っていたのも印象的でした。

 2つめは、王さんをサポートしているケアマネジャーの平光さんが、「介護スタッフの募集をしても全然人が集まらない」と嘆いていたことです。

 「技能実習制度」が昨年から介護にも適用できるようになったそうで、多くの技能実習生が日本に来る日も遠くはないと思いました。

 番組では、北京の専門学校で学んでいて日本に行くことを希望している13人から6人を選抜する場面もありましたが、そのうちの多くはその後の日本語の試験に合格しなかったようでした。

 介護の現場の人材不足はより深刻になっていくでしょうから、技能実習生として来日する人の基準が引き下げられていくことも十分考えられると思いました。

 3つめは、平光さんの介護の講習を受けに来た中国の介護施設経営者が、自分の経営する施設に戻り平光さんから学んだことを伝えた場面です。

 場面というよりは、そこで働く人たちのほとんどが出稼ぎに来ている人たちで、十分な教育を受けていないということが印象的でした。

 語りは元マラソン選手の増田明美さんの優しい語り口でした。

 7月29日の日曜日に再放送されます。13:05からです。NHK総合です。

 昨日見逃した方はぜひご覧ください。

第65回 認知症介護 中国の介護事情 NHK「金とく」で中国の介護現場を特集

 今日の夜、NHKの「金とく」という番組で、中国の介護現場を特集します。

 夜の7時56分からです。

 朝日新聞のテレビ欄には「中国人介護士人手不足の介護現場へ 悪戦苦闘の現場に密着」とあります。

 見ようと思っています。楽しみです。

 日本社会の少子高齢化を世界が注目しています。

 日本が少子高齢化の「先進国」だからです。

 ベストセラーとなった河合雅司さんの『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(講談社現代新書)でも、「2021年 介護離職が大量発生する」とか「2026年 認知症患者が700万人規模に」とか「2042年 高齢者人口が約4000万人とピークに」などと、日本の未来を予測しています。

 しかし、少子高齢化はひとり日本だけの問題ではなく、多くの国にとって深刻な問題となっています。

 日本社会の少子高齢化がどのように進み、どのような問題が発生し、政府がどのように対処していくのか。対岸の火事ではなく、世界が注視しています。

 お隣中国でも少子高齢化は他人事ではありません。

 何せ人口が多い。

 朝日新聞のテレビ欄には「高齢者が2億人以上 中国の驚きの介護事情」ともあります。

 台湾の介護現場にすでに多くの外国人が従事していることを少し前にテレビで見ました。

 まだまだ言葉の問題など課題は多いようですが、「介護に従事しようとしている人材を日本にとられてしまう前に確保しておきたい」という思惑が台湾政府にあるようでした。

 日本で看護や介護の仕事に従事したいと希望している外国人にとって、現状では審査基準が厳しく、ハードルが高いようです。

 介護される側にとっては、言葉の通じる人に介護してもらいたいというのも人情です。

 しかし、看護や介護の現場の人手不足が深刻になり、その審査基準も引き下げられ、多くの外国人の助けを借りる日が近づいているという気がします。

 コンビニでアルバイトしている外国人の増加などから考えても必然の流れなのではないでしょうか。

 日本と中国はあまり関係がいいとはいえず、中国に対していい印象を持っていない日本人は多いですし、日本に対していい印象を持っていない中国人も多いです。

 サッカーワールドカップで日本人サポーターが試合後にスタンドのゴミを拾っていたことが話題になったり、訪日外国人が増え、日本の良さが外国の人たちに広く知られるようになったりしてきたのはうれしいことです。

 日本と中国の間でもお互いの印象がもっとよくなればと思っています。

 朝日新聞のテレビ欄には「介護で深まる日中友好」ともあります。そう期待します。

第37回 認知症介護 母の肩の骨折 その後

 2013年2月に母が転倒して肩を骨折した時のことを、

第32回 認知症介護 母が転んで肩を骨折した その1」、

第33回 認知症介護 母が転んで肩を骨折した その2 介護申請へ」、

第34回 認知症介護 母が転んで肩を骨折した その3」に書きました。

 その後です。

 特に変わったことはありません。

 母が自分一人で医師に指示されたリハビリをすることは難しいので、私が補助してリハビリをしました。

2013年3月○日

・Oクリニックに行った。

 月に一回の定期的な受診。

 大きく変わったことはないが、O医師との話の中で、「骨折」を「骨にひびが入っちゃってねえ」と言っていた。

 以前、近所のお茶屋さんに行ったときにも「骨にひびが」と言っていた。

 「骨折した時は昼間で明るかった」とも言っていた。

 夕方で暗かったのに。

 薬局で「血圧はどうでしたか」と聞かれたが、覚えていなかった。

 今回の血圧は高くなかったし、少し前のことを忘れてしまうのは日常のことだが。

 その後、N整形外科にも行った。

 骨が大分できてきたようだ。

 薬は同じ。カルシウムの吸収をよくするという薬。

 リハビリもあと2週間はこれまでと同じことをしたらいいとのこと。

 前かがみになって、内回しと外回しをするもの。