第89回 認知症介護 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」その2

 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」の第1回が、昨日(2018年11月17日)放送され、私も見ました。

 第1回の昨日は「終(つい)の住処(すみか)はどこに」というテーマでした。

 30万人を超えるとされる「特別養護老人ホーム(特養)」の待機者、国は施設の担い手を「官から民」へと転換しようとしており、その切り札として導入されたのが、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。

 その「サ高住」の現場では様々な矛盾が表面化しています。

 認知症高齢者が当初の想定よりずっと増えているというのです。

 要介護度は低くても、徘徊や幻視幻聴などがある入居者たちの対応に、施設が追われているのです。

 施設長は社長にスタッフの増員を求めますが、経営が成り立たなくなると渋られます。

 この施設長とは別の、もう一人の施設長が印象的でした。

 病院に退院予定の患者さんを紹介してほしいという電話をしているのです。

 「できれば要介護3くらいの人をお願いします」というように。

 要介護度が高く、寝たきりに近いほうが、介護スタッフの方の負担が少ないからのようです。

 そして、それ以上に要介護度の高い方のほうが、施設に入る収入が増えるからのようです。

 要介護度が高ければ高いほど、介護保険で使えるサービスの金額が増える仕組みだからです。

 「特別養護老人ホーム」に入るには、要介護3以上である必要があるため、要介護1や要介護2の方たちが「サ高住」には多くなっているのです。

 私の母は、現在は要介護4で車いす生活ですが、グループホームに入る以前は要介護2でした。

 グループホームに入る以前は、徘徊があったり、幻視幻聴の訴えがあったりしました。

 車いす生活となった今は、動き回ることはないものの、手づかみでご飯を食べるなど、以前とは違う大変さがあると思います。

 介護するのにどちらが大変かは決めがたいです。

 病院に退院予定の患者さんを紹介してほしいという電話をしていた施設長は、スポーツ選手の仲介をするブローカーのようでもあり、空室を埋めようとするアパート経営者のようでもありました。

 施設長にしてみれば、ボランティアではなく経営なのだから仕方ない、介護保険の仕組みが悪いという気持ちでしょう。

 その施設長は入居者を選別し、しかも、次の長期入居者が見つかれば出ていってもらうという短期の契約をしているのです。

 夫婦ともに要介護の方が、短期契約が終わり、「ここにずっといたい」と言いながらも、追い出されるように施設を出ていく様子は、哀れでした。

 こうした「介護難民」とも言えそうな人々が、これからますます増えていくことが予想されます。

 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」、第2回の今日は「命の終わりと向き合うとき」というタイトルで「終末期医療」がテーマです。

 私も必ず見ます。

 第2回についても、詳しくはNHKのホームページをご覧ください。

 NHKスペシャル第2回「命の終わりと向き合うとき」

第88回 認知症介護 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」その1

 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」が、今日と明日(2018年11月17日と18日)、2夜連続で放送されます。

 第1回の今日は「終(つい)の住処(すみか)はどこに」というテーマです。

 比較的安く手厚い介護が受けられる「特別養護老人ホーム(特養)」の待機者は30万人を超えるとされます。

 国は施設の担い手を「官から民」へと転換しようとしており、7年前に導入されたのが、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。

 その「サ高住」で何が起きているのか、実態が明らかにされます。

 第2回の明日は「命の終わりと向き合うとき」というタイトルで「終末期医療」がテーマです。

 私の母も先日「もう死にたい」と言い始めて、私はつらいです。

 妹や夫の最期を看病してきた母は「ピンピンコロリ」をあれだけ希望していたのに、そうはいっていない。

 私にとっても「終末期医療」をどうするかは、長年考えてきたテーマです。

 2夜ともゲストは阿川佐和子さんです。

 現在母親の介護をしている阿川さんは、3年前に父親の弘之氏を、延命医療をしないで自然な形で看取ったといいます。

 「穏やかな最期はどのように迎えることができるのか」に悩んできたとも。

 現場では「延命中止」の取り組みが始まっているということも紹介されるようです。

 親の介護に向き合っている人にとっては、どちらも切実なテーマで、見逃せないですね。

 私も見たいと思っています。

 詳しくはNHKのホームページをご覧ください。

 私もそこを参照しました。→「NHKスペシャル

第86回 認知症介護 グループホームで衣服の入れ替え

 認知症の母がグループホームに入って約半年経った2016年2月、母の83歳の誕生日を迎えました。

 そのお祝いに、母をグループホームから連れ出して、家族で寿司を食べに行きました。

 その4カ月ほど前の2015年10月にも、母を連れ出して家族で寿司を食べに行きましたので、この日が2度目ということになります。

 正月を家で過ごしたのを含めて、3度目の外出です。

 前回は昼食でしたが、この日は夕食でした。

 そして、この日、プラスチック製の衣装ケースを持っていき、服の入れ替えもしました。

 母がグループホームに入った時は、最低限の衣装だけを持って入りました。

 8月でしたので、主に夏物、少しだけ秋物もあったかもしれません。

 それから、寒くなるにつれて、冬物を持って行ったりして、服の量も増えていました。

 グループホームには、下着やタオルを入れるちょっとしたタンスがあり、押し入れに服をかけるスペースもありましたが、収納するスペースが足りなくなってきていたので、ホームセンターでプラスチック製の衣装ケースを買って、持って行ったのです。

 服や下着などには、すべて母の名前を書きました。

 他の人のものと、紛れてしまう危険性があるからです。

 実際、「あれ、母のあの服、最近見かけないけどな」とか、「あれ、この服、他の人の名前が書いてあるぞ」ということも、時々ありました。

 洗濯の時に入れ替わったりすることもあるでしょうし、入所している方が、間違って持って行ったり、持って来たり、ということも、もしかするとあるかもしれません。

 グループホームのスタッフの方に、「母の部屋に、別の人の名前が書かれた服がありました」とか、「母のこういう服がなくなっているようなのですけれど、他の人の部屋に紛れていませんか」とか、2度ほど尋ねたことはあります。

 もちろん、責めたりはしていません。

 「ちょっと気にかけてくださいね」と伝えるつもりはありましたけど。

 2016年2月のメモです。

2016年2月○日

・母の誕生日。

 17:30頃、グループホーム「S」に行った。

 持って行った新しい衣装ケースに服の入れ替えをして、18:00頃外出した。

 18:30、母と妻と娘たちの家族5人で予約していた寿司屋に寿司を食べに行った。

 20:30頃にまた送っていった。