第121回 認知症介護 肺炎

 「お母さまがせき込むので病院に連れて行って診てもらったところ、肺炎という診断でした。もし、容体が急変した場合、救急車を呼びますか」とグループホームの職員の方から電話がありました。

 もちろんとまどいはありましたが、「救急車を呼ばないということは、お医者さんに連絡して看取るということですか」と尋ねたうえで「そうしてください。救急車は呼ばないでください」と私は答えました。

 グループホームに入るときに、母本人や家族の希望を伝えています。

 母は50歳代の若さで亡くなった妹さんの介護や夫(私の父)の介護などを経験しており、長患いしない「ピンピンコロリ」を切望していましたから。

 私も終末期医療をどうするかということについては、父の終末期以来、何年も考え続けてきていますから。

 そして、遠方に住む兄に電話しました。

 「グループホームから電話があった。お母さんが肺炎になったらしいよ。容体が急変したら救急車を呼ぶかどうかを聞かれたから、呼ばないでほしいと言ったよ。それがお母さんの希望でもあったはずだから」と伝えました。

 「もしかしたら、今晩家族が呼ばれるかもしれないし、それはないかもしれない。でもあの口ぶりなら可能性は結構ありそうだから、この週末はこちらに来ておいたほうがいいと思うよ。喪服も持って」と伝えました。

 それが1か月ほど前のことです。

 医師の話では誤嚥性肺炎かどうかはよく分からないということでした。

 母はグループホームに入る以前からのどの神経が鈍くなっている感じがあり、食事時にむせることがしばしばありましたから、誤嚥性肺炎になる可能性は高いと考えていました。

 私も覚悟していましたが、その後母は快復しました。

 5日ほど栄養や薬を点滴したようです。

 その間、口からは何も食べていないはずです。

 担当している医師は「女性は強いなあ」と言っていたそうです。

 快復したといっても、こちらの呼びかけに「あー」と返事をしたり、オウム返しに同じことを言ったりする程度です。

 「腰が痛い」と「お家に帰りたい」も以前のように言うようになりました。

 そんなこんなで、ブログの更新が2か月もあいてしまいました。

 以前のようなペースではなかなか更新できないかもしれません。