第72回 認知症介護 熱中症も怖い

 2018年の夏は記録的な暑さになりました。

 7月の記録的な豪雨に続いて、記録的な酷暑。

 「観測史上初の大雨」とか「観測史上初の気温」などとテレビのニュースでも何度も言われました。

 小学生が熱中症で死亡するということもありました。

 熱中症で多くの高齢者が亡くなりました。

 「こんなに暑い日になぜ草刈りや畑仕事をしにいくのだろう」と思うこともありますが、私も同じように行動するかもしれません。

 多くの高齢者がそうであるように、私はエアコンが好きではありませんし、普段は水分補給が少なく、「夏は暑くて当たり前、私は暑さに強い」などと思っていますので。

 ですので、熱中症になって死亡してしまってはいけないとは思いますが、お年寄りに、好きではないエアコンを強いたり、飲みたくないほどの水分を補給させたりすることに、多少の違和感を感じます。

 いやいや、やはり死んでしまってはいけないですね。

 私の母は、グループホームに入る1か月ほど前、さかんに湯たんぽを使いたがりました。

 7月のことでただでさえ暑いのに、エアコンを入れていない部屋で湯を沸かす。

 部屋は湿気も手伝ってムンムンしていました。

 本人は足が冷たいと訴えるので、対処に困りました。

 2015年7月のメモです。

2015年7月○日

・皮膚科のS医院に行ってきた。

 5日ほど前から右足太ももの内側に水ぶくれができて、2回ほど水を抜いたが、まだ大きく水がたまってくるので、診てもらった。

 お年寄りに多い水泡症かノミではないかとのこと。

 抗生物質の塗り薬を塗ってもらい、ガーゼをしてもらった。

 薬は「ゲンタシン軟膏0.1% 1㎎」が出た。

 1日1回水で洗って、薬を塗って、ガーゼをしてくださいとのこと。

・7月△日にかかりつけのOクリニックに行ってきた。

 母は足が冷たいからと言って今も湯たんぽをほしがっている。

 O医師は熱中症を心配して、やめたほうがいいと言う。

 私が「暑いから湯たんぽはいらないよ、O医師もやめたほうがいいと言っていたよ」と言っても、本人は足が冷たく感じるようで、お湯を沸かして湯たんぽをしている。

 これも一日中見張っているわけにもいかないし、湯たんぽを隠したとしても、何度も湯たんぽがないと言ってくるので、母のしたいようにさせている。

 O医師はさかんに熱中症予防を説かれる。

 エアコンを使った方がいいとも。

 これも母本人はいやがるので使っていない。

 舌を見た感じでは乾燥はしていないようで、適度に水分補給はしているのだろう。

 水かお茶をペットボトルに入れておいて、どれだけ飲んだか分かるようにしておくといいとO医師は言うが、そのペットボトルのお茶を飲まないのだから、分からない。

 うがいをしたときに、水を飲んでいるようではある。

 「出ていきません!」などの大声での独り言はけっこうあるが、カンカン音を出すことは最近ほとんどないので、夜中に起こされるようなことは少なくなり、少し楽になった。

第71回 認知症介護 富山の介護留学生のニュースを見た。

 先日、NHKだったと思いますが、富山県の介護留学生のニュースを見ました。

 「第66回 認知症介護 NHK「金とく」「日中 支え合う“老後” ~進む介護協力~」を見た。」で触れたように、介護人材の不足は、どこも深刻なようです。

 ニュースの中では、モンゴルから来日し介護を学んでいる留学生が取り上げられていました。

 技能実習生ではなく、学費の補助という形で支援することで、その後富山県で介護の仕事をしてもらう人材を確保しようとしているようでした。

 地域に残ってくれる医師を確保するために、医学部の大学入試で行われている、地域枠という推薦制度に近いやり方だと感じました。

 いやいや、大学卒業後に何年かは軍に入隊するということを条件に大学進学の費用を援助してもらうという、アメリカの「経済的徴兵」に近いのかなとも思いました。

 介護留学生の学費補助は、医学部の地域枠推薦制度とも、アメリカの「経済的徴兵」とも違いますが、人材確保のために、どこも工夫するわけですね。

 介護現場を担う外国人については、NHKハートネットで2018年7月12日に公開された記事「介護現場を担う外国人 10年目の現場から」が参考になると思います。

 10年前にEPA(経済連携協定)による外国人介護士の受け入れ1期生としてインドネシアから来日した、徳島県内のグループホームで働くユスフ・フィルダウスさんが取り上げられています。

第70回 認知症介護 大学生以下の子どもがいる人の約3割が、子育てと親の介護に同時に直面する「ダブルケア」を経験

 「子育てと介護『同時に経験』3割」という見出しの記事を、2018年7月19日の朝日新聞夕刊1面で見かけました。

 「ソニー生命保険調査」によるものだそうです。

 「うち10%『理由に離職』」という見出しもあります。

 私もダブルケアでした。

 次女の大学受験のことを心配したのも、母をグループホームに預ける決断をしたときの大きな理由でした。

 それについては「第67回 認知症介護 グループホームを検討」でも触れました。

 ダブルケアは本当に大変です。

 実際に経験しないとなかなか分からないと思います。

 職場の理解が得られなければなおさらです。

 私の場合は、私が離職してしまったら、家族が路頭に迷うことになりますから、「介護離職まではしない」と自分に言い聞かせていました。

第11回 認知症介護 どんな本を読んだか」で触れましたが、和田秀樹さんの『人生を狂わせずに親の「老い」とつき合う』(講談社+α新書)も参考になりました。