第75回 認知症介護 介護実習生第1号の中国人2人就労

 「介護に実習生、日本語力どこまで 第1号の中国人2人、就労」という記事が、本日(2018年8月28日)の朝日新聞1面に出ました。

 このタイトルは朝日デジタルのほうのタイトルで、新聞では「介護に実習生 日本語力どこまで」が大見出し、「第1号の中国人2人 就労」が小見出しになっています。

 このブログの「第66回 認知症介護 NHK「金とく」「日中 支え合う“老後” ~進む介護協力~」を見た。」でも触れたように、日本の介護現場の人材不足はかなり深刻で、その解消のために日本政府は、昨年11月に外国人技能実習制度を変更し、介護分野でも実習生が受け入れられるようになりました。

 その第1号が、簡雪梅さんと柴艶紅さんの2人の中国人ということです。

 この2人が働き始めたのは宮崎県延岡市の介護施設「ひまわり」です。

 この記事では、2人の就労を吉報として報じるというよりは、むしろ問題点を指摘しています。

 それは2面の見出しにもはっきりとうかがえます。

 2面の見出しには、「介護人材確保 日本前のめり」「実習生の日本語能力 条件緩く」とあります。

 介護人材の送り手として日本政府が期待していたベトナムが消極的なことも背景にあるようです。

 介護実習生にも日本語の力が求められ、一定の基準をクリアしないと、帰国させられてしまうという事情があるからです。

 実習生の多くは日本に行くために多額の借金を抱える。

 それなのに、日本語の力不足で帰国させられてしまっては、社会問題になる。

 ベトナムには「労働・傷病兵・社会問題省」というのがあり、その大臣の「トラブルが多くなるので、介護分野で実習生を受け入れるのは勧めない」という言葉も紹介されています。

 解説記事もあり、そこではドイツとの比較がなされています。

 ドイツも相当の語学能力が必要で要件も厳しいらしいのですが、日本とでは待遇がまるで違うとのこと。

 最低賃金が当たり前の日本と30万円の給料が期待できるドイツ。

 このままでは良い人材が集まらないから、人材育成の仕組みを整える必要がある、と指摘しています。

 そして、日本への介護の技能実習生の送り出しに積極的な中国。

 中国が急速に高齢化しており、日本で学んだ介護技術を中国に持ち帰ってもらいたいという思惑もあるようです。

 「同じ漢字圏で有利だから」という言葉も記事にありましたが、これはある意味誤解です。

 たしかに同じ漢字を使うということで、コミュニケーションが成り立つこともあります。

 しかし、現状では日本人と中国人の感覚的な相違はかなりのものと考えられます。

 特に自己主張の強さという点で大きく異なります。

 ただ、歴史的な経緯もあり、日本文化がかなり入り込んでいる台湾の人と日本人はなじみやすい、ということもありますし、「個性、個性」と言われて育ち、野球選手やサッカー選手が世界で活躍するのを見てきた若い世代の日本人は、上の世代の人たちより自己主張が強くなってきていたり、そのようなこともあるので、「日本人と中国人の感覚的な相違」といっても超えられないハードルではないかもしれません。

 いろいろなことがうまく回っていくようになるには、ある程度の時間がかかることでしょう。

 野茂選手の大リーグ挑戦で、日本の野球界が大きく変わりました。

 制度の変更が進んだこともありますし、若い世代の感覚がそれまでと大きく変わりました。

 野球と介護とでは全く異なりますが、簡雪梅さんと柴艶紅さんが、日本と中国の介護の未来の扉を開く、野茂選手のような存在になってくれることを願ってやみません。

 元の記事を確認されたい方は、コチラ→「介護に実習生、日本語力どこまで 第1号の中国人2人、就労

第74回 認知症介護 グループホーム入所にあたってお伝えしたこと

 ちょうど3年ほど前になりますが、2015年8月にグループホームに空きが出て、認知症の母はグループホームに入ることになりました。

 入所するにあたっては、いろいろな契約関係の書類もありましたが、私はこれまでの症状の経過や母の介護に対する家族の思いなども含めてメモにして、担当の方に渡しました。

 何か所か手を加えてありますが、だいたいの様子は分かるかと思います。

 2015年8月、母がグループホームに入ることになった頃のメモです。

2015年8月○日
・昨日、グループホーム「S」から、空きが出たから8月中には入所できると連絡が来た。

 躊躇する部分もなくはないが、進めていくことにする。

 次のページに、グループホーム「S」に伝えることをまとめておく。

 予定では、来週一度グループホーム「S」の方に母の様子を見に来てもらい、かかりつけのOクリニックで少し詳しく検査などしてもらい、8月△日頃に入所と言う感じで考えている。


○○○○(母の名前)についてのメモ(2015年8月×日)(同居していた次男が作成)

・昭和○年2月○日生まれ
・2011年頃から家族は認知症を疑い始め、2012年3月からアリセプトを飲み始めた。
 現在服用している薬は、「リスパダールOD錠1㎎」のみ。1日1回夕食後0.5錠。
 医師には「薬はなるべく少なく」とお願いしていた。(必要があれば勿論出してもらって構いません。)
・最近の生活状況など
・二世帯住宅で息子の家族(夫婦と子ども2人)と生活している。
・昼夜逆転というほどではないが、一日の大半はベッドで寝ている。
・起きているときはテレビを見ている。洗濯物を取り入れることはある。
・一時期はデイサービス(「○○○○」)に行っていたが、今はほとんど外出しない。
・性格は内向的で、人付き合いは得意ではない。元々は几帳面。
・エアコンは嫌いで、ほとんど使ってこなかった。(使ってもらって構いません。)
・最近は自分から風呂に入ろうとすることはめったになくなった。
・夕食は息子の家族と一緒に5人で食べることが多い。朝食は家族が準備して一人で食べている。昼食は任せているので食べないことも多い。食欲は旺盛。
・幻聴が聞こえるのか、大声で独り言を言うことが多い。「うるさい!」「出ていきません!」などと激しい口調で言うことも。「寝ていてもいい?」「お金がないんだけどご飯作ってくれる?」「時計をもってきてほしいと電話があったから」などと何度も家族に聞いてくる。
・「足が冷たいから」と真夏でも湯たんぽを使いたがり、実際使う。
・腰が痛いと訴えることもある。背中が曲がってきているので、実際に痛いこともあるかと思うが、家族が見ていないときにはすばやい動きをしていることもよくある。整形外科で診てもらうことはあるが通ってはいない。
・上の歯は総入れ歯。下は入れ歯が壊れたため、現在「K歯科」で作っている。自分で上手にはみがきできず、歯と歯の間に随分食べかすが溜まっている。一日一回でも食後のうがいを付き添ってしてあげてほしいと言われた。入れ歯の完成は9月はじめ。
・60歳代の後半にM市に来たため、周囲に知り合いはあまりいない。
・N市に妹がおり、2年くらい前までは2か月に一度くらいは会いに行っていた。
・通っている病院
・Oクリニック(全般。月に一度)
・K歯科
・N整形外科クリニック
・連絡先
・次男・一郎(電話番号)次男の嫁・○○○○(電話番号)M市在住
・長男・○○○○(電話番号)H市在住
・ケアマネージャー・Nさん(S病院)

○○○○(母の名前)についてのメモ・追加分(2015年8月×日)(同居していた次男が作成)

・食事(準備ではなく食べること)、排せつ、入浴は今のところ、自力でできる。
・入浴は自分から入ろうとすることは少なく、洗髪は私が手伝って2週間に一度くらいしていた。
・食事のとき、しょうゆを必要以上にかけたがるが、好きなようにさせていた。可能であれば、ある程度好きにさせてあげてほしい。
・のどの神経は随分鈍くなっており、飲食の時にむせることが時々ある。
・K歯科で作ってもらっている入れ歯はできたので、落ち着いたら連れて行ってほしい。
・胃ろうなど、延命のためのいわゆる「濃厚医療」は望んでいません。『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(幻冬舎新書)等の著書がある中村仁一医師の考え方に共感しています。母本人も家族もです。中村医師と考えを異にする他の医師を敵に回すようで、公言するのははばかられますし、正式な書面はありませんが、認知症と母が診断される前後に私は母と話をしました。母は夫や妹(私の父や叔母)の介護の経験もあり、20年来PPK(ピンピンコロリ)を切望していました。これからお世話いただく過程で、難しい局面もあるかと思いますが、参考までにお伝えしておきます。

 『大往生したけりゃ医療とかかわるな』には、その後の2017年に「介護編」が出ています。

 『大往生したけりゃ医療とかかわるな【介護編】2025年問題の解決をめざして 』(中村仁一、幻冬舎新書)です。

第73回 認知症介護 口腔ケアが大事だが

 母がグループホームに入る1か月ほど前のことです。

 母の入れ歯が壊れました。

 入れ歯がないと物が食べられません。

 「入れ歯を新しく作ってもらうにも、それなりに日数がかかるし、これは困ったことになったぞ」と思いながら歯医者に行きました。

 歯医者に行ってみると、実際新しい入れ歯を作るには数回の通院が必要ということでしたが、それだけではなく、歯の間に食べかすがたくさんついているので、それをきれいにするのも大事だということが分かりました。

 とはいえ、母に付き添って朝晩一緒に歯磨きをするということはなかなか手間がかかりできませんでした。

 認知症になれば、身の回りのことが少しずつできなくなるので、母も歯磨きが十分にはできなくなってきていました。

 母がグループホームに入る1か月ほど前、2015年7月とその1週間後8月の二つのメモです。

2015年7月○日
・母の下の入れ歯が壊れたので、K歯科に行ってきた。

 初回を含めて最低6回の通院が必要。

 週一回のペースで。壊れた入れ歯は使えないので、修理ではなく新しいものを作る。

 歯の間に食べかすがたくさん付いている。

 自分できれいにするのは難しいだろうから、食後にぶくぶくうがいを付き添って母にさせるといい。

 前の下の歯の根がどうなっているかも調べておいた方がいい。

 一本ずつなら抜くのもそう難しくはないが、まとめて数本悪くなって腫れてくるとやっかいだとのこと。

2015年8月○日
・K歯科に行ってきた。

 新しく作る入れ歯の型を取った。

 実際は型の型かな。

 レントゲンも撮った。

 下の前歯が8本残っているように見えるがそうではない。

 自分の歯は4本で、あとの4本は義歯がつないであるらしい。

 だいぶんお金がかかっているだろうとのこと。

 歯の根の骨が溶けてなくなってきているのもあり、腫れてきたり痛くなってきたりするとやっかいらしい。

 食べかすが歯の間に随分残っていて、それが肺に入って肺炎を起こすという心配もある。

 うがい薬が出た。

 一日一回、20秒うがいをする。

 歯磨きもする。

 自分では難しいだろうから、付き添ってさせるのがいいと。

 自分でさせるとおそらく数秒のうがいになってしまう。

 薬を口に含んで、歯と歯の間に液を通すような感じでうがいするようにと。

・昨日はまた、足が冷たいからと湯たんぽを入れた。

 かかりつけのO医師からは湯たんぽはしないほうがいいと言われてはいるが、してやらないと何度も何度も「湯たんぽ」と言ってくるので、入れてやった。

 昨日は湯たんぽのお湯の沸かし方が分からないかのような感じで、「どうやってやるの」と言っていたから、お湯を沸かして湯たんぽにお湯を入れてやった。

 湯たんぽしてほしいとか、歯医者に連れて行ってほしい(今日行ってきたのに)とか、そういうのを繰り返し言われるのも辛いものだし、食べ物を残して捨てるから部屋が臭くなったり、風呂に入らないから体が臭くなったり、窓を閉めよう閉めようとするから部屋がむっとしたりカビが生えたり、もっと大変な介護もあるだろうが、介護経験のない人にはその大変さはなかなか実感しにくいだろうな、と思う。