第61回 認知症介護 医師との連携

 母の認知症介護をしてきて、多くの人に助けてもらいました。

 ケアマネジャー、デイサービスのスタッフの方や所長さん、地域包括支援センターの方、母の妹さんや私の兄、そして家族。

 今はグループホームのスタッフの方々。

 もちろん、ずっと診ていただいていたかかりつけの医師は言うまでもありません。

 前回、薬の悪影響について書きましたが、関わってくださった多くの医師も、母が少しでも楽になるようにとか、介護する家族が少しでも楽になるようにとか、色々なことを考えて、対処してくれたはずです。

 認知症介護においては、様々な大変なことが起きますから、家族だけで対処せず、多くの人に助けてもらうことが大事です。

 これは何度でも繰り返したい大事な点です。

 医療には医療の限界が、行政には行政の限界があるにしても。

 2015年2月のメモです。

2015年2月○日
・Oクリニックに行ってきた。

 月に一度の定期の診察。

 O先生に見せるために妻が書いた母の様子のメモには、結構深刻な感じで書いてあったから、O先生も心配して、介護する家族のために薬を出そうかと提案してきた。

 一つは、認知症の進行を遅らせるパッチ薬。

 もう一つは、不穏になった時に飲ませて落ち着かせる液体の飲み薬。

 どちらももらってこなかった。

 O先生は日に当たることが大事だとか、朝起きてご飯を食べるときに着替えることが大事だとアドバイスしてくれる。

 それは分かってはいるが、なかなかそううまくはいかない。

 O先生の「ごはん食べた」などの質問に、母は「ごはんと味噌汁」のように、適当に合わせて答えていた。

 先生が「菓子パン? トースト? 」と尋ねると「トースト」のように。

 本当はトーストなど食べていないのに。

第60回 認知症介護 『飲んではいけない認知症の薬』

 『飲んではいけない認知症の薬』という本を買いました。

 著者はNPO法人医薬ビジランスセンター理事長の浜六郎さんです。

 本屋で「はじめに」を読み、目次を見て、一部立ち読みしましたが、母の認知症介護において思い当たることがいくつも書いてありました。

 浜さんは、本物の認知症を引き起こすことのある薬剤の代表として、コレステロール低下剤、胃酸を抑制するプロトンポンプ阻害剤、骨粗しょう症の薬剤、睡眠剤、安定剤を挙げています。

 すべて母に処方されたことがあります。

 コレステロール低下剤は、長く処方されていましたし、父が亡くなった後、眠れなくなることがあった母には、睡眠剤も出されました。

 睡眠剤が母の認知症を誘発したという印象を私は持っていましたが、睡眠剤以外にも、コレステロール低下剤が脳内でコレステロールの合成を邪魔し、神経細胞を壊して死滅させる毒性があることを、この本の中で知りました。

 浜さんは言います。

 「認知症という診断がなされたら、まずすべきことは、『認知症用の薬剤を服用する』ではなく、『何か薬剤が悪さをしていないか点検する』ことです。そして、あわてて、認知症用の薬剤を服用し始めないことが大切です」と。

 また、「薬剤の効果や害について疑問に思って医師に話しても耳を傾けてくれる医師は少なく、否定されて困惑している家族は大変多いでしょう。専門知識を持った医師に対して、患者や家族が対等に質問したり、相談したりすることはたいへん難しいことです」とも。

 うんうん、とうなずきながら読みました。

 私の場合は、かかりつけの医師に相談して、薬を減らしてもらうこともしましたし、薬が出されるにはそれなりの理由があるとは思うのですが、それでもやはり、薬の悪影響を考えないではいられません。

第59回 認知症介護 予備の入れ歯は保険適用外

 母の入れ歯が割れました。

 2015年2月のことです。

 母は総入れ歯ではありませんでしたが、残っている歯が少なく、総入れ歯に近い状況でした。

 寝るときに入れ歯を外してコップの水に入れておくなど、入れ歯の管理は自分でしていましたが、歯科で診てもらったら、ずいぶん口の中が汚れていたようです。

 歯科には私が連れて行きました。

 母が行っていた歯科は、私たち家族が行っている歯科とは違いました。

 以前は家族と同じ歯科に行っていたのですが、何かがきっかけで母は歯科を変えていたのでした。

 なぜかは分かりません。

 母が行っていたK歯科は診察室が二階にあり、角度のきつい階段を上らないといけないので、母が転落しないよう私が支えていましたが、いつも心配でした。

 歯科では、新しい入れ歯を作るには1か月近くかかると言います。

 その間食べられないのも困ると思い相談した結果、とりあえずは修理することにしました。

 修理と同時に、口の中をきれいにする口腔ケアを時々することにしました。

 歯科医との受け答えにおぼつかないところもありましたが、母は何とか受け答えしていました。

 もちろん、母が認知症であることはメモに書いておいて、最初に受付するときに伝えていました。

 そして、診察室には私も入っていき、診察の様子なども見ていました。

 この時に分かったこともあります。

 それは予備的に作っておく入れ歯は保険適用にならないということです。

 口腔ケアも認知症介護には重要なようですが、ありがたいことにグループホームに入ってからも、いつも行っていたその歯科にグループホームの方が定期的に連れて行ってくださいました。

 2015年2月のメモと、その4日後のメモのふたつです。短いメモです。

2015年2月○日

・母の入れ歯が割れたことを知り、K歯科に行ってきた。

 新しく作ると1か月近くかかるから、修理することになった。

2015年2月△日

・母の入れ歯が直った。金属の補強が入っているが、割れる可能性はある。

 予備の入れ歯を作っておいた方がいいかと思って尋ねたが、予備のは保険適用にならない。

 半年経過すれば、あごの形が変わることもあるから、新しいのを保険適用で作ることはおそらくできる。

 その場合は、修理はできない。

 新しいのを作っても、古いのと交互に曜日を決めて使うなどしないと、合わなくなってくる。

 時々入れ歯を見て、ひびが入っていたら、新しいのを作った方がいいだろう。

 8月になったら、新しいのを作ろう。