第56回 認知症介護 幻聴「ババアはおるか」

 母は目や耳のいい人でした。

 グループホームに入る以前、80歳近くなった頃でも、眼鏡をかけずに新聞を読んでいました。

 眼鏡は持ってはいましたが。

 耳が遠いということを感じたこともほとんどありませんでした。

 認知機能の低下で、話の内容が分からないとか、関心が向かないから聞こうとしていないとか、そういうことはありましたが。

 そんな母が認知症になって悩まされていたのが、幻聴でした。

 「第38回 認知症介護 独り言が増えてきた その1」でも触れましたが、男の人が話しかけてきたりののしったりするのが聞こえるようで、それに答えたり、その声を追い払おうとしているような独り言が増えていました。

 なかでも多かったのが「ババアはおるか」です。

 知らない男に追いかけられている恐怖を味わっているかのようでした。

 知らない男かどうかもはっきりしません。

 もしかするとお世話になっていたデイサービスの所長さんかもしれません。

 もちろん所長さんが「ババアはおるか」とは言いません。

 その頃は母の調子が悪くなってきており、デイサービスに行く回数を増やしていました。

 それが母にとっては負担になっていたかもしれないのです。

 だから所長さんが迎えに来てくれるのと、知らない男が「ババアはおるか」と迫ってくるのが重なって感じられたのかもしれません。

 カーテンを閉めたまま、こっそりと窓の外をのぞいていることも何度かありましたから。

 2015年1月のメモです。

2015年1月○日
・昨晩、おばあちゃんいわく、「トイレに入っていたらね。外で『ババアはおるか』という男の人の声がした」と。

 それで外を見てきてほしいというので、玄関を開けて「誰もいなかったよ」と言っておいた。

 「所長だ」と言ったとも言っていたので、デイサービス「○○○○」の所長さんが迎えに来てくれていた記憶がよみがえってきているのだろう。

 それほどプレッシャーだったのかもしれない。

 おそらくしょっちゅう幻聴が聞こえているのだろうと思う。

 2018年5月23日の朝日新聞に「『徘徊』使いません 大府市でも」という記事がありました。

 愛知県大府市が、行政文書や広報で「徘徊」を「一人歩き」や「一人歩き中に道に迷う」というように言い換えることを決めた、という記事です。

 認知症の人が危険な存在という認知症への誤解、それを防ぐことにつながるといいですね。

 すでに兵庫県や東京都国立市、福岡県大牟田市なども「徘徊」の使用を取りやめているのだそうです。

第55回 認知症介護 「年より笑うな行く道だもの」

 母がグループホームに入ることになったのが2015年8月。

 その事件が起きたのはその半年ほど前のことでした。

 母の認知症の症状としては色々なものがありましたが、排便を失敗することはあまりありませんでした。

 とはいえ、ベッドの横に濡れたバスタオルがあることが時々ありました。

 どうやら漏らしたおしっこをふいたようです。

 漏らすのが気になるのか、こまめにトイレに行っていた印象でした。

 しかし、ティッシュを尿漏れパッドのようにパンツにセットしては、それをトイレに流しているようだったので、トイレがつまってもいけないと思い、その頃は紙パンツをはいてもらうことにしていました。

 その方が母本人も少し安心かもしれないと考えたからです。

 実際はどうだったか分かりません。

 不快感があったかもしれません。

 その日、私が風呂を洗いに風呂場に行くと、なんと、うんこがありました。

 しかも、たっぷりと。

 お風呂とトイレの判断がつかなかったのでしょう。

 私は苦笑しました。

 以前父が高熱を出したとき、机の上にあったタオルを服を着るような動作で着ようとしていたのを思い出しました。

 タオルと服の区別がついていないようでした。

 父は認知症ではありませんでしたが、高熱のために一時的に認知機能が落ちたのだと思います。

 また、私が大学生の頃、泥酔した友人が階段の踊り場でおしっこしたのも思い出しました。

 酔いのために一時的に判断力が落ちたのだと思います。

 「子供叱るな来た道だもの 年寄り笑うな行く道だもの」。

 永六輔さんの『無名人 名語録』に収録されている言葉だそうです。

 父と母の晩年を見てきて、私もこの言葉をかみしめています。

 2015年1月のメモです。

2015年1月○日
・昨晩、おばあちゃんがお風呂でうんこをした。

 下痢便が少し漏れたというレベルではない。

 洗い場の方の排水溝の網のところに、かなりの量のうんこがあった。

 洗い場でして、あそこに隠したのだろうか。

 割り箸でつまめるような固形のうんちだった。

 一郎が手袋をして割り箸でつまんでトイレに流せる掃除用の紙に包んで、トイレに流した。

 うんこのついた髪の毛や、割り箸はやはり紙に包んで、ビニール袋に入れ、捨てた。

 妻は「これから毎回だよ」とか「おばあちゃんに処理させてもだめかなあ」とか、悲観的なことを言う。

 いずれにせよ、新しい段階に入ったようだ。

第54回 認知症介護 『家族よ、ボケと闘うな!』

 4月末(2018年)、2か月ぶりくらいに母がお世話になっているグループホームに妻と行ってきました。

 私に長期出張があり、なかなか行けなかったのです。

 母は現在要介護4です。車いすでの生活です。

 帰り際にスタッフの方が、私を指して「この人分かる」と聞くと、母は「息子」と答えていました。

 でも、私の名前は言えませんでした。

 本当に息子と分かっているかどうかも分かりません。

 15分くらい母の部屋に一緒にいて、差し入れに買っていったみたらし団子を母と一緒に食べました。

 「おいしいね」と言っていたのはよかったのですが、やはり繰り返し口にするのは、「家に帰りたいな」と「腰が痛いな」でした。

 『認知症介護で倒れないための55の心得』という著書や「40歳からの遠距離介護」というブログで有名な工藤広伸さんのように、なかなか「しれっと」とはいきません。

 どうしても悲しい気持ちになってしまいます。

 工藤さんの「しれっと」にしても、そういう心掛けで、ということだろうと思いますが。

 最近は認知症関連の本をあまり読んでいません。

 介護を経験している工藤さんの著書やブログも大いに参考になりますが、専門の医師の著書もまた参考になります。

 最近読んだものでは、伊東大介さんの『認知症 専門医が教える最新事情』があります。

 2014年12月には長尾和宏さんと近藤誠さんの往復書簡の形式で書かれた『家族よ、ボケと闘うな! 』を読みました。

 ちなみに、長尾和宏さんは認知症の患者さんをたくさん診て来られた医師ですが、認知症専門医ではないとのこと。

 また、近藤誠さんは、認知症の人が暮らしやすい町づくりを目指して活動していらっしゃる公務員の方で、がんの放射線治療の専門家で『患者よ、がんと闘うな』の著者である近藤誠さんとは別人です。

 後者の近藤誠さんをウィキペディアで調べてみたら、敵対者として長尾和宏さんの名前が挙がっており驚きました。

 『家族よ、ボケと闘うな! 』を読んだ2014年12月のメモです。

2014年12月○日
・「流しの水が流れない」とおばあちゃんが言ってきたので見に行ったら、残飯が詰まっていた。

 上の網ではなく、中のふたも取って残飯を流したようで、おそらくこれまで何回もそうしていて、それが溜まってだと思うが、妻がパイプクリーナー(掻き出す道具)で掻き出したら、ニンジンやらタケノコやら、結構大きなものまで出てきた。

 おばあちゃんは「捨ててないよ」と言うから、自覚や記憶はないのだが。

 その後、洗剤でパイプをきれいにしようとしたが、どこまできれいになったかは分からない。

 とりあえず水は流れるようになった。

 数日前に長尾和宏・近藤誠『家族よ、ボケと闘うな! 』を購入し読み始めたが、なかなかいい。

 参考になることも多いし、「そうそう」とうなずける部分が多い。

 我が家では、薬をたまたまやめることができて、周辺症状が大幅に改善したが、薬をやめることができずに苦しんでいる患者や家族はきっと多い。