第89回 認知症介護 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」その2

 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」の第1回が、昨日(2018年11月17日)放送され、私も見ました。

 第1回の昨日は「終(つい)の住処(すみか)はどこに」というテーマでした。

 30万人を超えるとされる「特別養護老人ホーム(特養)」の待機者、国は施設の担い手を「官から民」へと転換しようとしており、その切り札として導入されたのが、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。

 その「サ高住」の現場では様々な矛盾が表面化しています。

 認知症高齢者が当初の想定よりずっと増えているというのです。

 要介護度は低くても、徘徊や幻視幻聴などがある入居者たちの対応に、施設が追われているのです。

 施設長は社長にスタッフの増員を求めますが、経営が成り立たなくなると渋られます。

 この施設長とは別の、もう一人の施設長が印象的でした。

 病院に退院予定の患者さんを紹介してほしいという電話をしているのです。

 「できれば要介護3くらいの人をお願いします」というように。

 要介護度が高く、寝たきりに近いほうが、介護スタッフの方の負担が少ないからのようです。

 そして、それ以上に要介護度の高い方のほうが、施設に入る収入が増えるからのようです。

 要介護度が高ければ高いほど、介護保険で使えるサービスの金額が増える仕組みだからです。

 「特別養護老人ホーム」に入るには、要介護3以上である必要があるため、要介護1や要介護2の方たちが「サ高住」には多くなっているのです。

 私の母は、現在は要介護3で車いす生活ですが、グループホームに入る以前は要介護2でした。

 グループホームに入る以前は、徘徊があったり、幻視幻聴の訴えがあったりしました。

 車いす生活となった今は、動き回ることはないものの、手づかみでご飯を食べるなど、以前とは違う大変さがあると思います。

 介護するのにどちらが大変かは決めがたいです。

 病院に退院予定の患者さんを紹介してほしいという電話をしていた施設長は、スポーツ選手の仲介をするブローカーのようでもあり、空室を埋めようとするアパート経営者のようでもありました。

 施設長にしてみれば、ボランティアではなく経営なのだから仕方ない、介護保険の仕組みが悪いという気持ちでしょう。

 その施設長は入居者を選別し、しかも、次の長期入居者が見つかれば出ていってもらうという短期の契約をしているのです。

 夫婦ともに要介護の方が、短期契約が終わり、「ここにずっといたい」と言いながらも、追い出されるように施設を出ていく様子は、哀れでした。

 こうした「介護難民」とも言えそうな人々が、これからますます増えていくことが予想されます。

 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」、第2回の今日は「命の終わりと向き合うとき」というタイトルで「終末期医療」がテーマです。

 私も必ず見ます。

 第2回についても、詳しくはNHKのホームページをご覧ください。

 NHKスペシャル第2回「命の終わりと向き合うとき」

第88回 認知症介護 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」その1

 NHKスペシャル「シリーズ 人生100年時代を生きる」が、今日と明日(2018年11月17日と18日)、2夜連続で放送されます。

 第1回の今日は「終(つい)の住処(すみか)はどこに」というテーマです。

 比較的安く手厚い介護が受けられる「特別養護老人ホーム(特養)」の待機者は30万人を超えるとされます。

 国は施設の担い手を「官から民」へと転換しようとしており、7年前に導入されたのが、「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」です。

 その「サ高住」で何が起きているのか、実態が明らかにされます。

 第2回の明日は「命の終わりと向き合うとき」というタイトルで「終末期医療」がテーマです。

 私の母も先日「もう死にたい」と言い始めて、私はつらいです。

 妹や夫の最期を看病してきた母は「ピンピンコロリ」をあれだけ希望していたのに、そうはいっていない。

 私にとっても「終末期医療」をどうするかは、長年考えてきたテーマです。

 2夜ともゲストは阿川佐和子さんです。

 現在母親の介護をしている阿川さんは、3年前に父親の弘之氏を、延命医療をしないで自然な形で看取ったといいます。

 「穏やかな最期はどのように迎えることができるのか」に悩んできたとも。

 現場では「延命中止」の取り組みが始まっているということも紹介されるようです。

 親の介護に向き合っている人にとっては、どちらも切実なテーマで、見逃せないですね。

 私も見たいと思っています。

 詳しくはNHKのホームページをご覧ください。

 私もそこを参照しました。→「NHKスペシャル

第87回 認知症介護 母を美容院へ 

 認知症になった母が家で過ごした最後の頃、最もお金をかけていたのは美容院でした。

 私たちが子供のころからいつも経済的には余裕がありませんでしたから、両親が一番お金をかけたのは、子どもたち(つまり私の兄弟)の食費だったと思います。

 「病気になってお金を病院に持っていくくらいなら、健康にいいものを食べることにお金を使わなくてはね」と母はよく言っていました。

 蛇足ですが、私と私の兄が自宅外の都会の私立大学に通うことになったので、両親は自分たちの保険を解約して、私たちの学費を工面してくれたのでした。

 もちろん、兄も私も奨学金を借りました。

 それで何とかしのげたのです。

 両親には感謝しても感謝しても感謝しきれません。

 そういう状況でしたから、母は衣装などにもあまりお金をかけていませんでした。

 ただ子どもたちが手を離れ、孫の面倒を見る頃になって、母は美容院にはそれなりにお金を使うようになりました。

 特に父が亡くなってからです。

 ですからほんの数年のことです。

 認知症が始まっていたことも関係するかもしれませんが、想像するに、美容師さんに勧められるがままに、パーマ液などにもいいものを使い、シャンプーもいいものを買っていたようです。

 母のお金がなくなった「事件」を少し探っていったことがありましたが、母がなくなったと思っていたお金は、美容院に払っていたようでした。

 1回につき約3万円。

 パーマやカット、カラーリングだけではなく、シャンプーか何かを買う代金も含めての金額ですが、妻は「庶民が一回の美容院で3万円なんて」と言っていたこともありました。

 グループホームに入る前までは、私が美容院まで母を送っていき、美容師さんにお願いして、終わったら私のケータイに電話をしてもらい、迎えに行って支払いをする、というようにお願いしていました。

 グループホームに入ってからは、グループホームのスタッフの方が、母を美容院まで連れて行ってくれました。

 終わると美容師さんが、スタッフさんに電話して迎えに来てもらい、支払いは私が後日する、という形にしてもらいました。

 グループホームの方には、本当によくしてもらっています。

 ありがたいことです。

 グループホームに入って1年か2年は、そのような形で、美容院に連れて行ってもらっていました。

 それも、いつからかグループホームに来てくれる理髪師にお願いするようになっていました。

 初めの頃に、その理髪師に頼むか、美容院に連れて行くかという相談はありましたが、1年か2年が経過し、何となく、自然に理髪師にしてもらうようになりました。

 それほど遠くない将来に、そうなるだろうことは予想もしていましたし、いつまで美容院に数万円かけるか、と私も考えていましたから。

 母がグループホームに入って、8カ月ほど経った2016年3月のメモです。

2016年3月○日

・母を以前行っていた美容院に連れて行ってもらった。

 グループホーム「S」の人に午後1時に連れて行ってもらい、4時ごろに迎えに行ってもらう。

 そしてそのあとに私が支払いに行く。

 以前は3万円近くしたが、内容を一部変更するようにお願いして2万円位になるようにしてもらっている。

 今はパーマとカットで11,000円、カラーが5,000円、シャンプーが500円、トリートメントが1,000円、合計17,500円の消費税で18,900円。

 前回は10月△日だった。